トップ下で起用されたMF香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

3ポイント獲得へ、点をとらなければならない試合のテスト

 6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランドとの一戦を迎えた日本代表。ロシアW杯へ、得点を取らなければならない試合のテストとなった。日本は多くのシュートを放ったものの、なかなかチャンスを意図的に作れず。決定機はほとんどが乾貴士の投入後に集中していた。(文:西部謙司)

----------

【日本2-1ニュージーランド】

 ワールドカップのグループリーグでは得点して勝たなければならない試合がある。グループのシード国に対して、さらにそれに準ずる力のチームに対して、日本の基本的な戦い方は守備重視のカウンター狙いになるだろう。

 ただ、少なくとも1試合は3ポイントを狙えないとグループリーグ突破は難しい。ニュージーランド戦はそのためのテストになった。

 ニュージーランドは技術的には粗いが、コンタクトプレーと空中戦が強い。フィジカルの強さを前面に出してくる相手に慣れておくのも目的だったが、この試合のポイントはいかに点をとるかだったと思う。とはいえ、戦い方のベースを大きく変えるわけにもいかない。先発に関しては香川真司の起用だけが点をとるための変化だった。

 香川はインサイドハーフではなくトップ下で起用されている。インサイドハーフに比べると攻撃の特徴は出しやすい。久保と武藤の両翼は縦に上下動するタイプなので、ボランチ3枚を必要としない試合ならば香川のポジションは下げないほうがいい。

 久保、武藤、浅野、乾、原口はいずれも縦の速さが特徴だ。遅攻のときにインサイドに入ってパスワークの軸となるタイプとは違う。中央で変化をつけられる選手が必要なので、トップ下はいたほうがいいのだ。

 ただ、香川は前半に決定機を外し、期待されたほどの“違い”は作れなかった。後半は小林がパスワークを活性化させ、最後は倉田と並ぶ形で最も攻撃的な布陣を試している。しかし、それで攻撃力に大きな変化があったかといえば、そこまでの収穫はなかった。

決定的チャンスとは何か。ゴールエリアの幅からのシュート

 点をとりたい日本は積極的にシュートを打っていった。しかし、得点は大迫のPKと倉田のヘディングシュートにとどまっている。シュートは打っているが意図的に作った決定機が少なかった。

 そもそも決定機、決定的チャンスとは何か。いろいろな考え方はあると思うが、普通に考えればペナルティーエリア内からシュートを打つこと、さらにゴールエリアの幅からシュートすることである。

 ペナ内のゴールエリア幅、ここからのシュートが決まる確率は、このエリア外からに比べると圧倒的に高い。つまり、このエリアからシュートすることが点をとるための目標になる。このエリア外、つまりミドルシュートなども悪くはないのだが、それは次善の策でしかない。まずはペナ内ゴールエリア幅からシュートが打てる攻撃をすることが先決である。

 日本が意図的に作れた決定機は主に後半に集中していた。乾のドリブルとパスが決定的チャンスに結びついていた。逆にいえば、それ以外のルートはほぼなくて、前半に長友のクロスボールを大迫がDFの間でヘディングしたシーンぐらいだった。

現状で得点に結びつくプレーを計算できるのは乾だけ

 ニュージーランドのコンタクトプレーにも怯むことなく、日本はさほど問題なくボールを支配して運べている。ただ、相手のミスからチャンスもあったが決めきれず、意図的にペナ内ゴールエリア幅へラストパスが入るようになったのは乾の登場からだった。

 決勝点も乾のファーサイドへのクロスボールを酒井宏樹が頭で折り返し、ゴール正面の至近距離から倉田が押し込んだもの。乾のプルバックから小林が放ったシュートはやや角度がなかったが、これも決定機に近いチャンスメークだった。得点がほしい状況で、乾が決定機を作れる切り札であることが確認できた。

 ハリルホジッチ監督はしばらく乾を招集してこなかった。守備力とフィジカルコンタクトに不安を感じていたようだ。堅守速攻型でデュエルを重視する戦法では、サイドのプレーヤーには走力と守備力が要求される。

 リーガ・エスパニョーラで守備力をつけた乾だが、守備優先の試合でも先発起用するかどうかはわからない。ただ、現状で得点に結びつくプレーを計算できるのは彼だけなので、3ポイントを狙う試合では一番手だろう。

 ボールをある程度支配できる相手に対して、いかに決定機を作って点をとるか。次のハイチ戦でも引き続き問われるポイントである。

(文:西部謙司)

text by 西部謙司