記事画像

写真拡大

シワやたるみに効果がある成分の代表格「レチノール」。今年(2017年)は資生堂から純粋レチノールを配合した化粧品が発売されたこともあって、より注目が高まっています。実際にシワやたるみにアプローチできるのならと手に取った人も多いのではないでしょうか。

しかし一方でレチノール化粧品を使うにあたってはいくつかの注意点があります。その特徴をしっかりと把握した上で使用の有無を検討し、使う場合には正しく使うことが大切です。そこで今回は、レチノール化粧品の効果と注意点についてお話ししたいと思います。

シワやたるみだけじゃない!レチノールの効果

レチノールはビタミンAの一種で、もともと人間の身体の中にある成分。肌の代謝を促進したり、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させたりする効果などがあります。そのためシワやたるみの改善に効果が期待できるとして、数多くのエイジングケアラインの化粧品に配合されてきました。

ただ、これまでレチノールは深刻なシワやたるみへのアプローチでは、目に見えるような効果を実感しにくいといわれてきました。一般的にはまだその傾向にありますが、今年の6月に資生堂から発売された『エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S』(50g/税抜価格5800円)は「純粋レチノール」を配合。深いシワの改善にも効果を認めることができたということで発売前から高い注目を集めていました。

純粋レチノールはこれまで市場に出回ってきた誘導体レチノールと比較すると、熱や光、酸素などに弱く、非常に不安定な成分でした。それを資生堂は独自の技術で安定させ、「シワを改善する」という新しい効能の認可を取得しました。これは非常に画期的な出来事だといえます。

敏感肌の人は使えない?レチノールの注意点

年齢を重ねた肌には大変魅力的なレチノールですが、使用するにはいくつか注意点があります。

まず、レチノールは刺激が強いので皮膚の赤みや刺激を感じることがあります。また、皮膚のカサつきなどを感じる場合もあります。このほか、紫外線の影響を受けやすくなるともいわれているので紫外線対策を十分に行うことが大切です。

こうした点から、肌が敏感な人や妊婦は避けた方がベターな成分ともいえます。肌が敏感ではない人でもレチノールが配合された化粧品の使用は慎重に検討する必要があり、使用する場合には必ずパッチテストを行いましょう。そして、肌に少しでも異常を感じた場合には速やかに使用を中止し、場合によっては医師の診断を受ける必要があります。

レチノールと並んで注目される「ニールワン」

なお、レチノールと同じくシワに効果がある成分として注目されているのが「ニールワン」です。

POLA独自の医薬部外品有効成分で、2016年1月に発売されたニールワン配合の美容液『リンクルショット メディカル セラム』(POLA)はシワを改善する日本初の薬用美容液として話題になりました。シワの原因の1つである「好中球エラスターゼ」を抑制することでシワを改善するという画期的な商品です。20gで税抜価格1万5000円と高価ではありますが、注目と熱い支持を集めています。

美容医療を利用する人が年々増加傾向にある昨今、こういった薬用化粧品の販売は今後も続き、拡大していくことが予想されます。そのような中、自分の肌悩みと向き合いながらニーズに合う成分の化粧品を選んで使用することが肌のアンチエイジングの第一歩です。カウンターなどで勧められるままに商品を購入するのではなく、ある程度の知識を身につけて商品を選びましょう。