「ふとももカフェ」がオープン!? ふともも写真に囲まれて、ふとももメニューに舌鼓を打てるらしい…

写真拡大

誰しもが持っているであろうフェティシズムの世界を真正面から取り上げたのが、2016年末から2017年はじめにかけて東京で行われた「ふともも写真の世界展 2016-17」。

「3度の飯より、ふとももが好き♡」という人たちから絶大な支持を誇っているこの展覧会は、延べ3万人を動員した人気企画です。

そんな「ふともも写真の世界展」をモチーフにした期間限定カフェ「ふともも写真の世界カフェ TOKYO(以下、ふとももカフェ)」が、2017年10月6日から12月6日までの2カ月間、東京・恵比寿にオープン。

最新作から過去作品まで含んだふともも写真を愛でながら、「ふとももをイメージした限定カフェメニュー」に舌鼓を打つことができるらしいんです。

【トッピングがフツーじゃない!?】

カフェメニューのラインナップは、カレープレートにミートソース、ロコモコに各種パフェと概ねフツーなのですが、すべてに「ふともも写真カフェ公式」と銘打たれているのが気になるところ。

すでに公開されているフードメニューのイメージイラストを見ると、お皿に “ふともものような物体” が添えられておりまして、否が応にも期待が高まってしまいます。この足の部分、何でできてるのか気になるところです……。

【予約しなくても入れるけれど…】

360度方向からふとももに囲まれて、ふとももメニューを食す。

過去に販売された限定グッズや書籍、さらにはカフェ限定グッズも登場するという「ふとももカフェ」の席の2/3は予約分。残りはフリー席ですが、予約すると特典コースターが2枚(予約料324円)付いてくるそうなので、予約したうえで足を運んだほうがいいかも?

【扉の先に新しい世界が待っている】

未知の世界だけど、好奇心には勝てなくて足を踏み入れてみたくなるっ。そんな「ふとももカフェ」のフードメニューおよびスイーツメニューの価格は、単品で税込み1000円からとなっています。勇気を出して、新しい扉を開いてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、ふともも写真カフェTOKYO
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る