※写真はイメージ

写真拡大 (全5枚)

『ふるさと納税』を使って、動物愛護センターにいる犬猫の殺処分ゼロを目指す活動が各地で行われています。

神戸市の『動物愛護支援事業』では、動物たちの譲渡数を増やし、殺処分数を減らす取り組みに『ふるさと納税』を使用。

寄付金の活用により、2016年は神戸市の犬猫の譲渡数が45匹増加。さらに殺処分数は、2015年と比べると263頭減らすことができました。

また、保護猫に与えるミルクボランティアや、野良猫の繁殖防止活動など、神戸市の犬猫の殺処分を減らす取り組みにも活用されます。

可愛い返礼品も

犬猫保護の基金付きオリジナル猫グッズを企画開発する『フェリシモ猫部』は、神戸市を支援し可愛らしい猫グッズを提供。4つの新しい返礼品を発表しました!

みにゃとキットカット10箱セットみにゃと ニャシュマロ三毛猫ミルクジャムみにゃと クリアファイル3枚セット

『ふるさと納税』を殺処分ゼロに使う活動は、名古屋市や広島県の神石高原町など、広がりを見せています。

人間の身勝手な理由で捨てられ、傷付いてしまった尊い命を守るために、こういった活動がますます広がることを願います。

[文・構成/grape編集部]