放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は5日、審議入りしていたTBS系の情報番組「白熱ライブ ビビット」(当時)のホームレス企画について「放送倫理違反あり」のジャッジを下した。

 俎上に載っていたのは今年1月31日の放送回。「多摩川リバーサイドヒルズ族」と題し、多摩川の河川敷で暮らすホームレスの人びとをシリーズ化して取り上げる名物企画の第7弾だ。法定の予防接種を受けさせずに犬を複数匹飼っているホームレス男性を取材し、放送した。

 何がまずかったのか。BPOは3つのダメ出しをした。まず、ホームレス男性A氏に「犬男爵」とニックネームをつけた上、別のホームレス男性の発言を引用して「人間の皮を被った化け物」とイラスト付きで紹介。加えて、A氏がカメラに向かって怒鳴りつけるシーンを3回繰り返したことだ。

 この日の会見で、川端和治委員長は「A氏の人格否定だけでなく、ホームレスの人びとへの偏見を助長する恐れがある」と警鐘を鳴らした。もっとも「勧告」や「見解」に比べると軽めの「意見」止まりだったのは、事後対応が迅速だったから。

「BPOが『真摯な自律的姿勢』と公表したようにTBSの対応が功を奏した」(放送関係者)

 こういった近隣住民とのトラブルや迷惑行為を取り上げる企画は、業界では「迷惑モノ」と呼ばれているという。視聴率の取れるキラーコンテンツだけに他でもちょくちょく取り上げている。問題視される番組とそうでない番組の違いは、「人格否定に近い表現の多用。情報番組をバラエティー感覚でつくる現場の問題意識の希薄さ」(前出の放送関係者)だと話す。

 それでも視聴率のくびきから逃れられない作り手の意識改革は一朝一夕ではできない。