プレミアムな機能とリーズナブルな価格、前モデルから正常進化

写真拡大

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマートフォン「Moto G5S Plus」を、2017年10月6日からMVNO(仮想移動体通信事業者)各社およびインターネット通販などで順次発売する。

幅広い通信バンドに対応、日本国内の全キャリアで使える

「プレミアムな機能を備えつつリーズナブルな価格」という前モデルの特徴を受け継ぎながら、デザイン性と耐久性を両立したフルメタル一体型ボディや画面サイズ、カメラ機能などを強化。幅広い通信バンドに対応し、現時点において日本国内の全通信キャリアで使用できるという。

5.5型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレイは耐久性に優れる「ゴリラガラス」を採用したほか、2.0GHzオクタ(8)コアプロセッサーを搭載。OSは「Android 7.1.1」をプレインストール。メモリーは4GB、内蔵ストレージは32GB。microSDカード(最大128GB)対応。

IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」対応のnanoSIMスロット×2(うち1スロットはmicroSDと共用)を装備する。

1300万画素デュアルカメラを背面に搭載し、より高精細・高コントラストな撮影を実現。また前面の800万画素サブカメラは暗所撮影に便利なLEDライトを装備し、「セルフィー・パノラマ」や被写体をよりキレイに描写する「ビューティーモード」などの"自分撮り"向け機能が充実。

バッテリー容量は3000mAh。約15分の充電で最長6時間の駆動が可能な「15W Turbo Power充電器」が付属する。

カラーと発売日はルナグレーが10月6日、ブラッシュゴールドとニンバスブルーは順次。

直販サイト「Motoストア」での価格は3万8800円(税別)。