天才棋士・藤井四段、苦悩と努力そして素顔に迫る

写真拡大

10月8日(日)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:00)は、「天才棋士 15歳の苦闘 独占密着 藤井聡太」と題して、「400年にひとりの天才」と呼ばれている藤井聡太四段(15歳)に密着する。

奇跡とも言える連勝劇を披露し将棋ファンのみならず日本中を釘付けにした、天才棋士・藤井四段が今回の主役。番組では、去年10月のプロ昇進時から密着取材を続け、家庭や学校、対局前後の様子など、これまで報じられてこなかった姿をカメラに収めてきた。同級生からほめられてはにかむ笑顔、大好きな相撲観戦で横綱・白鵬と対面したときの緊張……見えてきたのは、どこにでもいる明るい中学生。ただ子どもの頃と変わらず将棋が大好きで、ひたすら強くなりたいと努力を続ける姿だった。

7月以降はトップ棋士から完膚なきまでに叩かれる対局が続いた。その差を埋めようともがき苦しむ藤井四段。この1年を追った未公開映像で、誰も知らない“天才”の素顔に迫る。