イライラを爆発させるチェンバレン photo/Getty Images

写真拡大

イングランド代表を指揮するガレス・サウスゲートは、これまでMFアレックス・オックスレイド・チェンバレンのことを非常に高く評価してきた。今夏に移籍したリヴァプールではスタメンを確保できていないが、それでも5日の欧州予選・スロベニア代表戦に先発出場させている。

しかしチェンバレンは目立った結果を残すことはできず、64分にはジェシー・リンガードとの交代でピッチを後にしている。その際フラストレーションが溜まっていたのか、チェンバレンはボトルを蹴り上げている。フラストレーションを溜めていたのはチェンバレンだけではない。サポーターも同じだ。

英『METRO』によると、イングランド代表サポーターからはチェンバレンへの批判が続出しており、今夏リヴァプールがチェンバレン獲得に支払った3500万ポンドもの移籍金に納得がいかないようだ。

SNS上ではチェンバレンについて、「彼は単純に良い選手ではない」、「リヴァプールが彼に3500万ポンド……意気消沈だ」、「リヴァプールが獲得したのはイングランド人選手との理由だけでは?」といった意見が挙がっており、チェンバレンのパフォーマンスに納得していない。

サウスゲートの期待は高いようだが、リヴァプールで出場機会を確保できていない選手を代表のスタメンに抜擢することにサポーターは満足していない。まずはリヴァプールで移籍金に見合う活躍を披露しなければ、代表のサポーターは評価してくれないのだろう。