シルケン・ウィンドハウンドとは?

シルケン・ウィンドハウンドは、美しさを求めて1,988年に米国マサチューセッツ州にて、ロングヘアード・ウィペットとボルゾイ等を交配させ、約10年かけて新犬種として誕生させました。

すると直ぐに人気が出て、その後ヨーロッパへと輸出されました。

我が国では2,008年の秋に関東のドッグショーに於いてデビューし、サイズ,美しさ,日本国内の風土や飼育環境への馴染み易さから、KCジャパンによって登録されました。

シルケン・ウィンドハウンドの特徴

この犬種はミニボルゾイとも言われ『絹の様な毛を靡かせて走る犬』と言う意味で、
シルケン・ウィンドハウンドと言う名称になりました。

また、愛好家の間でも

『絹の様な毛を靡かせながら速く走る魅力的な大』
としてとても愛されています。

シルケン・ウィンドハウンドの詳細

原産国:アメリカ合衆国

大きさ:中型犬

先祖:ウインドスプライト

体高:47〜60cm

体重:オス15〜25kg メス10〜20kg

耳形:折れ耳

尾形:サーベル形の垂れ尾

被毛:ロングコートで絹の様な手触り

毛色:制限なし

性格:人懐こくて明るい

運動:長めの散歩やランニングが基本

病気:白内障,聴覚障害に注意

寿命:12~15年

お手入れ:週2〜3回のブラッシングを要する。換毛期には大量に毛が抜ける

まとめ

いかがでしたか?国内に、非常に少ないそうですがブリーダーは存在すると聞いています
日本のシルケン・ウィンドハウンドのブリーダー情報をネットで検索してもヒットしないのは不思議ですね?

とにかく珍しい新犬種であるため今のところ、ペットショップで会う事はできません
現在、JKC,AKC,FCIでも未公認犬種となっています。

もしこの犬種に魅力を感じ飼いたいとお思いなら、現状ではKCジャパンのHPか飼い主さんのブログにアクセスして是非、聞いてみてください。

ボルゾイとシルケン・ウィンドハウンドは大きさは違えども容姿は良く似ていますね。
ボルゾイ好きの方にとっては、魅力満載な犬種ではないでしょうか!