『わろてんか』第7話では女学生になったてん(葵わかな)に縁談話が!

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。来週月曜日放送の第7話では17歳の女学生になったてん(葵わかな)に縁談話が持ち上がる。

参考:松坂桃李、『わろてんか』子役との恋模様が話題に どんな設定も乗りこなす“素直さ”を読む

 本日放送の第6話では、藤吉(松坂桃李)が「いつまでも、わろてんか」とてんに言い残し旅立つ姿が描かれた。第7話では、17歳の女学生になったてんの生活が描かれる。父・儀兵衛(遠藤憲一)は、大阪の伊能製薬と提携するため、新一(千葉雄大)と先方のお嬢さんとの縁談話を進めようとしていたが、新一ではなく伊能家次男とてんの縁談話を持ちかけられてしまう。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性「吉本興業」の創業者・吉本せいをモデルとした藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、高橋一生、遠藤憲一、鈴木保奈美、竹下景子、千葉雄大らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)