メルセデス・ベンツのエントリー・コンパクトハッチ『Aクラス』のハイパフォーマンスモデル『AMG A45』市販型プロトタイプが、偽装も軽く姿を見せました。露出したシルエットからは、丸みを帯び、低くワイドなデザインの新ノーズが確認できます。

現行モデルは最高出力381psを発揮する2リットル直列4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速はポルシェ「911」並の4.5秒のハイパフォーマンスを持ちますが、次世代型ではそれを凌駕するスペックが期待できそうです。

次世代型で噂されるパワーユニットは、9速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる2リットル直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は初の400ps超えが確実視されており、420psとも伝えられています。0-100km/h加速は4.3秒と、もはや完全なスーパーカーです。

進化するのは、心臓部だけではありません。ルノー日産アライアンスと共有する「MFA2」プラットフォームを採用したボディは、ホイールベースを延長し居住空間をアップ、低いロングノーズによりこれまでで最もスポーティなシルエットとなるようです。

現在多数の開発モデルをかかえるメルセデスは、スケジュールが押しており、ノーマルのAクラス次期型が2018年デビュー、高性能A45は2019年のワールドプレミアとなりそうです。

(APOLLO)

メルセデス・ベンツ AMG A45次世代型は、低くワイドなデザインの新ノーズ(http://clicccar.com/2017/10/07/518657/)