日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は6日、新たなプロ野球志望届の提出者を公示【写真:Getty Images】

写真拡大

波佐見・田中涼ら4選手提出で計101人に…大学生は1人提出で計83人

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は6日、新たなプロ野球志望届の提出者を公示。高校生は101人となり、2年連続で100人を突破。大学生83人と合わせ、提出者は計184人になった。

 高校生は今夏の甲子園に出場した波佐見(長崎)の田中涼外野手ら4選手が提出し、計101人に。寺島成輝(現・ヤクルト)、藤平尚真(現・楽天)、今井達也(現・西武)らがドラフト1位指名された昨年の105人に続き、2年連続で大台を突破した。大学生は日大国際関係学部の左腕・日下部啓太投手が提出。すでに侍ジャパン大学日本代表の慶大・岩見雅紀外野手ら83人が公示されている。

 12日の締切まであと6日。NPBのプロ野球ドラフト会議は同26日に行われる。