田嶋会長はNZ戦のゴールの少なさに苦言を呈しつつも、勝利には評価する立場をとった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 日本サッカー協会の田嶋幸三会長がニュージーランド戦後に報道陣からの質問に応え、2-1の勝利に終わった試合について、苦言を呈しつつも、一定の評価を示した。
 
 まず田嶋会長は前半の戦いぶりを振り返り、「いろいろ難しいことはたくさんあったと思うが、選手たちは前半から非常にいいペース、モチベーションで取り組んでくれたと思う」と好意的な見方を示した。
 
 しかし、チャンスを掴みながらも決め切れない展開には、「残念ながら、ゴールできないのは、やはり問題だと思う」と指摘。「ただ、まずは試合に勝てたことに関しては満足しなければいけない」と語り、格下相手の辛勝にも評価する姿勢を見せた。
 
 さらに続けて「すべてが我々のシナリオ通りにいく試合ばかりだとは思っていない。そういう意味では、前半にしっかりスコアを挙げて、いろいろな選手を試してみたかったと思うが、こういう(良くない流れの)時に流れを変えられる選手が出てくるかというのもトライである。いろんなことを想定していかなければいけない」と語り、柔軟性のある采配、臨機応変な戦いぶりが必要との認識を示していた。

【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥