▽セルビア代表は6日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第9節でオーストリア代表とのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。

▽首位セルビア代表(勝ち点18)が、敗退の決まっている4位オーストリア代表のホームに乗り込んだ一戦。残り2試合で1勝すれば2大会ぶり2度目のW杯出場を決められるセルビアは、[3-4-3]の布陣を採用し、マティッチやコラロフ、イバノビッチらが先発となった。

▽一進一退の攻防で立ち上がった中、セルビアは7分にピンチ。アルナウトビッチのパスを受けたボックス左のカインツにGKと一対一の局面を作られてしまう。しかし、シュートコースが甘くGKストイコビッチがセーブした。

▽すると、助かったセルビアは11分に先制する。左クロスのルーズボールを拾ったミリボイェビッチがペナルティアーク右付近から右足を一閃。これがゴール左隅に決まった。

▽その後、14分にバックラインの連係ミスからダンソに決定的なシュートを許すも枠を外れて助かったセルビアだったが、25分に失点する。ダンソの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったブルクシュタラーにボックス内に侵入され、GKとの一対一を制された。

▽同点とされたセルビアは34分、コラロフのFKからイバノビッチのヘディングシュートがバーを掠めるも、主導権を握りきれない。ハーフタイムにかけてブルクシュタラーやカインツにボックス内からGKを強襲されるシュートを浴びせられ、ひやりとさせられた中、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半、セルビアが積極的な入りを見せたものの、オーストリアがゴールに近づいていく。まずは58分、カインツのスルーパスに抜け出したアルナウトビッチがGKと一対一に。しかし、再三の好守を見せるストイコッビがここでもセーブした。続く63分にはグリリッチュのミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKストイコッビがファインセーブで立ちはだかる。

▽それでも76分、オーストリアが押し切った。シャーブが中央を持ち上がって前方右へパス。ブルクシュタラーがすかさず中へ折り返し、アルナウトビッチが押し込んだ。

▽ついに失点したセルビアは終盤の83分、ミトロビッチに決定機。しかし、ボックス内からの枠内シュートはGKリンドナーのビッグセーブに阻まれた。それでも直後の右CKからルーズボールをマティッチが押し込んでセルビアが試合を振り出しに戻した。

▽ところが89分、右サイドからシャーブが左足で入れたクロスにアルナウトビッチが合わせにかかると、そのままボールがゴールに吸い込まれ、オーストリアが3-2と勝ち越し。これが決勝点となってオーストリアが勝利した。

▽痛恨の敗戦を喫したセルビアは最終節、2位ウェールズ代表に1ポイント差に迫られた中、ジョージア代表とのホーム戦でW杯出場を懸けた大一番に臨む。