井手口が中盤の構成について話した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 ダブルボランチの一角としてニュージーランド戦に先発した井手口陽介は、攻守でアグレッシブにプレーするも、やや雑なプレーが散見された。トップ下の香川真司に代わって小林祐希が入ってからは、ふたりでインサイドハーフを形成。しかし、精彩を欠いたまま82分にピッチをあとにした。
 
 ふたつのポジションをこなした試合後、報道陣から「ダブルボランチとインサイドハーフはどっちがやりやすいか」という質問が飛ぶと、言葉を詰まらせながらこう答えた。
 
「いや、どっちも…。どっちが良いかはあんまり…」
 
 明確な答えは出さなかったが、インサイドハーフのプレーを振り返ると口が回る。
 
「祐希君が入ってからは、ポジションが変わっても普通にやれた。逆にポジションが変わってからのほうが攻撃の形が作れた」
 
 一方、前半のトップ下との関係性について聞かれると、
「うーん、もっと3人で流動的にできれば…、えー、近すぎず、遠すぎず、互いに3人で良い距離感でボールを回せたらもっと…崩せるんじゃないかなと思う」と、歯切れの悪い答えに…。
 
 この一連のやりとりを見る限り、井手口にとってはインサイドハーフのほうがやりやすかったのかもしれない。しかし、G大阪で両方を高次元でこなしているだけに、どちらが良いとは言い切れないだろう。
 
 ちなみに、アジア最終予選でのふたつの布陣の勝率を出してみた。
 
[ダブルボランチ+トップ下]4勝・2分・1敗 勝率=約57%
[アンカー+2インサイドハーフ]2勝・1分 勝率=約66%
 
 井手口はポジションを意に介していない素振りを見せたが、両方を使い分けてきたハリルホジッチ監督にとって、中盤のマルチプレーヤーは貴重な存在かもしれない。

【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥