「政治」に「宗教」、そして「野球」。

 お客様商売の現場では、この3つを話題にするのは避けた方がいい、と言われています。思想や好みがはっきり分かれ、対立しやすいこれらの話題は言い争いの元に成りやすく、話をまとめるのが難しいからです。

 とはいえ、いよいよ衆議院選挙の投開票日が10月22日に決定しました。悲しいことに、選挙があると売り上げが良くない弊書店。少しでも売り上げ向上に貢献できるように、今回は、政治や選挙にまつわる書籍をあえて紹介してみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

自己マーケティングを意識してきた小池氏

『』(小池百合子編著、中公新書ラクレ刊)


 まずは、この新書に触れないわけにはいきません。

 民主党との選別合流など、今回の選挙の台風の目になっている希望の党。その党首である小池百合子・東京都知事が書いたのが、『希望の政治 都民ファーストの会講義録』(小池百合子編著、中公新書ラクレ刊)。

 こちらは、昨年に立ち上げた小池百合子政経塾「希望の塾」で塾生らを前に語った講義のエッセンスを一冊にまとめたものです。自らの政治家としての原点から、2017年度の東京都の予算、また都市デザインや東京の未来についてまで幅広いメニューになっています。さらに各章の終わりに、高野之夫・豊島区長や上山信一・慶應義塾大学総合政策学部教授といった行政のプロによる各種提言も織り込み、中身の濃い内容に仕上げています。

 中でも、小池氏らしいと感じたのが、第4章の「3つの目」というくだりです。高校生のころから自己マーケティングを意識してきたという彼女。高い位置から俯瞰する「鳥の目」、逆に突き詰めて見る「虫の目」、大きな流れを読み解く「魚の目」の「3つの目」を大切にし、塾生らに政治家として自分を磨いてほしいという願いを込めています。おそらく、日本新党を皮切りに、数多くの政党を渡り歩いてきた中で磨かれた感覚なのでしょう。

 そんな小池都知事にとって、「希望の党」は終の棲家になりうる政党なのでしょうか。また、今回の選挙を「政権選択選挙」と位置付けるのであれば、やはり都知事を辞して、出馬するべきではないのでしょうか。

 これらの疑問に関して、この原稿を書いている時点では、大きな動きはありません。 果たして、小池都知事自身の「3つの目」は、どのような結論を出すのか。本書をもとに、来週10日の告示までに予測してみてはいかがでしょうか。

安倍首相が政治家を目指した理由とは

『』(松田賢弥著、講談社+α文庫)


 そんな小池・東京都知事と対峙することになった、自由民主党党首の安倍晋三首相。その華麗なる家系を紐解きながら、安倍首相の実像に迫ろうとしているのが、『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』(松田賢弥著、講談社+α文庫)。

 まず驚かされるのが、冒頭に掲載されている「安倍晋三に連なる家系」と見出しが付けられている、その家系図です。

 母方の祖父は安保改定を成し遂げた、岸信介・元首相。おじに、沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作・元首相。もちろん父は、安倍晋太郎・元外相。さらに遠縁には、「和製チャーチル」吉田茂・元首相。周知の事実とはいえ、これらのビックネームが一枚の家系図に収められている様を改めて目にすると、感嘆を通り越し、息苦しささえ覚えてしまいます。

 そのような岸、佐藤、安倍といった歴代の首相を生み出した3つの「家」の実情を、ジャーナリストの著者は丁寧に追いかけていきます。

「祖父も国会議員、父も国会議員、だから自分も政治家になった。」

 なぜ政治家になろうとしたのか、国会に集まった子どもたちに聞かれたときに、安倍首相はこう答えたと言われています。大きな志をまったく感じさせず、失望すらしてしまいますが、この華麗な系譜を見ると仕方のない受け応えなのかも知れません。

 しかし、光あるところには必ず影があるもの晋太郎氏の父や異父弟、また岸家の養子にされた実弟の衆院議員の信夫氏の存在に、安倍首相本人の後継者問題・・・。著者は、3つの「家」に横たわる様々な葛藤も浮かび上がらせることで、華麗なる系譜も決して盤石ではないことを伝えています。

 政治家・安倍首相の人となりを読み解くのには絶好の本書。選挙を経て、安倍政権がどこへ向かうのかを予測する意味でも、読んでおきたい一冊です。

「当確師」にとって選挙とは?

『』(三浦博史著、ビジネス社刊)


 ところで『選挙立候補マニュアル-政界転職のススメ』(三浦博史著、ビジネス社刊)という書籍をご存知でしょうか。総合選挙プランニングの会社を経営する著者が執筆した、選挙対策のマニュアル本です。

 どんな素人でも立候補でき、そして確実に当選できる、というのが謳い文句の本書。黒子の存在のはずの選挙コンサルタントが表舞台に立ったことに加え、当選するための生々しいノウハウは、発売当時大きなインパクトを与えました。

 そんな選挙コンサルタントが主人公の小説の1つに、『当確師』(真山仁著、中央公論新社)があります。主人公の聖は、「勝てそうにない選挙で、候補者を当選させる」当確師として、全国でその名を轟かせています。

 そんな彼の次なるターゲットは、首都機能補完都市にも指定されている大都市の高天市長選挙。3期目を目指す現市長に対し、とある対抗馬の参謀になる聖ですが、この選挙の裏側には、何やら入り組んだ背景があるらしく・・・。

 票取りの読み方や、相手サイドの切り崩し方、また浮動票の押さえ方など、当選するためのテクニックが散りばめられ、ストーリーを通して選挙に詳しくなるところも、読む楽しさの1つ。た勧善懲悪の心地よさもあり、読みやすい物語に仕上がっています。

 ただ、しいて言えば、当確師である主人公のキャラクターの作り込みが弱いのが気にかかります。例えば、主人公の聖達磨(ひじり・たつま)は、芸名のような名前ですが、実は本名。しかも「セント・ダルマ」とも読め、とても縁起がいい設定になっています。ただし、この名前に込められた秘話が最後まで明かされず、不完全燃焼の感は拭えません。

 とはいえ、選挙の裏側を知るためには、格好の入門書とも言える本書。読んでおくと、また違った視点で選挙に興味が湧くことでしょう。

 そんな聖の哲学は、選挙でこの国を浄化すること。「そのためには、圧倒的な権力者を叩き潰し、愚かな有権者に妄想を抱かせなければならない。すなわち、政治なんて何をやっても変わらないと、諦めてはいけない。民主主義の主役は有権者なのだと。」

 それゆえ、聖は反権力側の候補者を支援することが多くなります。特に後半の「政治なんて何を〜」からのフレーズは真実を見事に言い当てています。

 嘆いても、捻くれても、悲しんでも、現実は何も変わりません。まずは、10月22日、必ず投票することから始めてみましょう。

筆者:栗澤 順一(さわや書店)