@AUTOCAR

写真拡大 (全10枚)

ミニ

ローバー・ミニ(1997年)

グレートなクルマのランキングにはいつだって入っている常連。もうたくさんだ。

ミニ3ドア(2017年)

3気筒エンジンとインテリアデザインの改良は、良い選択肢。値段としてはアリだが、価値はどうだろうか。

フォード・フィエスタ

4代目(1997年)

4代目フィエスタは、とてもスムーズなエンジン、グレートなハンドリングと小洒落たインテリア、そして哀れみに満ちた表情をしていた。

7代目(2017年)

7代目はクラスでトップとは言えないもとの、ハンドリングや乗り味は独走状態というほかない。

ルノー・クリオ

初代(1997年)

ベーシックバージョンはてんでダメだが、RSiは楽しかった。

5代目(2017年)

5代目は魅力的でスタイリッシュなデザインはフランス車の伝統。なめらかなハンドリングと、チープさに囲まれるようなキャビンが特徴。

ヴォグゾール・コルサ

コルサB(1997年)

キュートな見た目だが、ドライビングは失望の一言。ライバルに覇権を譲り渡してしまった。

コルサE(2017年)

洗練されスタイリッシュになったが、しかしエンジンはすこぶる良いとは言えない。

フォルクスワーゲン・ポロ

3代目(1997年)

世界中で最も成熟したスモールカー、それがこのクルマだった。

8代目(2017年)

使いやすく、乗りやすい。そしてクオリティも良く、いまだにセンスを感じさせる選択肢だ。

アウディA3

8L(1997年)

コンパクトカーを打ち負かす存在の小洒落たクルマ。もう少しドライビングが退屈でなければ…

8V(2017年)

キャビン内の完成度、元気なエンジン、低価格、ドライバーにとってはいいことが多い。

プジョー306

306(1997年)

価格やエンジンのスペック、時代背景などを見ても、このクラスのリーダー的存在はコレ。

308(2017年)

名前はそのままだが、新しくなったのが308。タイトになったが、特にライバルはいない。

ヴォグゾール・アストラ

3代目(1997年)

エンジンにリファインが加わり、より経済的になったアストラ。それがこれ。

7代目(2017年)

ハンドリングだってエンジンだっていい。しかし労働者階級には響かなかったようだ。

フォルクスワーゲン・ゴルフ

3代目(1997年)

その当時としてもどことなく古い感じの乗り味。翌年このクルマから取って代わった。

7代目(2017年)

ちょっと高いような気もするが、しかし値段相応の品質だ。