セルビアを追いかけるウェールズ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間6日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループDの第9節の3試合が行われた。勝てば本大会出場が決まるはずだったセルビアが負けたことで、最終節を前に競争が激化している。

 前節までに勝ち点18を稼ぎ、2位ウェールズと勝ち点4差をつけていたセルビアは、敵地でオーストリアと対戦して2-3で敗れた。

 2位のウェールズはアウェイでジョージアに1-0、3位のアイルランドはホームでモルドバに2-0とそれぞれ勝利を収め、首位との差を縮めている。

 それでも、セルビアの優位は変わっていない。2位と勝ち点1差になったセルビアは、最終節がホームでのジョージア戦。ウェールズとアイルランドは最終節に直接対決で、セルビアは仮に負けても2位以内には入れる状況となった。

text by 編集部