近年増えてきた鉄道系博物館は子供をターゲットにしていることが多い(撮影:風間仁一郎)

博物館とは学びの場所だ。近年各地で設立された鉄道系の博物館も、本来なら学びの場所のはずである。しかし、日頃交流のある学生や、たまたま仕事で顔を合わせた鉄道好きを自称する大学生などに鉄道系博物館での学びについて聞いてみると、「学べない」との返事や「学べる要素がない」とのつれない返事が返ってくる。揚げ句に「子供の遊び場だから行かない」が付け加えられることすらある。

鉄道系博物館が標榜する「学び」というのは何なのであろうか。一部の鉄道好きが「学べない」と感じる要因を考えてみよう。

収蔵物の背景を説明しているか

博物館とは、欧州の富豪や権力者などがその権力や経済力によって古今東西から収集した珍品陳列展示館などがその発祥といわれている。世界の珍しいものを集めて展示して見物人から見学料を取る、権力や国力を示すものが、いつしかその収蔵物、展示物にその素性を語らせ、それを知識や知見として見学者に与えるという役割を果たすようになり、博物学の進化に伴って大衆の教育、娯楽のための装置となってきたものが博物館といえよう。つまり、貴重なモノの保管庫としての役割も持っているが、モノの情報や背景を示さずに保管、展示を行っているだけなら単なる収蔵庫にすぎない。

収蔵・展示物に対する保管、展示、新たな収集の役目を持つのが「学芸員」といわれている。国家資格の学芸員に要求される知識と技量は、その収蔵物に対する保存も含めた知識と、博物館としての重要な役割でもある「教育」が実現できる能力を持つことであるが、担当する収蔵物に関連した学術的基礎知識や経験知識がないと十分に教育者としての役割を果たせない。単に資格者の頭数をそろえるためだけでは、ただの要員にすぎない。

知らないことは語れないし、誰でも知っているようなレベルの内容を語っても意味をなさない。基礎知識に立脚して、新たにその収蔵物やその背景史実などについての研究・調査などの学術活動を行い、それを実践して初めて見学者が満足しうる博物館にふさわしい展示が可能になるのではなかろうか。

日本国内における鉄道博物館は、国内の私鉄路線網の多くが国有化された後の1911年に鉄道院に鉄道博物館掛が設置されて資料の収集が開始され、1921年に東京駅構内に設置されている。関東大震災で焼失し、1925年に東京―神田間の高架下に再開されたものの、この鉄道博物館の運営を当初から鉄道技術研究所(前身は鉄道調査所、鉄道試験所)が担当していたことはあまり知られていないようである。


大宮の鉄道博物館(撮影:風間仁一郎)

鉄道博物館の業務運営は太平洋戦争突入後の1942年まで継続した。研究所50年史によれば、動く展示物の導入により年間60万人弱の来館者を数える人気施設であり、博物館長は研究所長が代々兼務していたことから、古いものの収蔵だけでなく当時の最先端の技術としての鉄道を紹介、社会教育を行うことを目指していたと推測される。

戦後再開された博物館は鉄道以外にも多くの収蔵物を増強し、「交通博物館」としてリメークされた。運営費は国鉄が支出し、運営は新たに発足した公益財団法人交通文化振興財団に引き継がれた。この財団は青梅鉄道公園のほか、新たに開館した大阪交通科学館や梅小路蒸気機関車館の運営も行ったものの、交通博物館の閉館により、展示収蔵資料や青梅鉄道公園の運営も含め、大宮に新たに設立された「鉄道博物館」に引き継がれた。同館の運営はエキコンや新橋ギャラリーを運営していたJR東日本系列の公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営している。

各地に広がる鉄道系博物館

交通博物館と青梅鉄道公園の運営から撤退した交通文化振興財団は、大阪交通科学館を大阪交通科学博物館化したもののこれを閉館、梅小路蒸気機関車館と統合して「京都鉄道博物館」として再整備、JR西日本とともに運営している。同館は動く展示の思想を代々継承しており、現役車両も展示している点が革新的である。


JR西日本系の「京都鉄道博物館」(撮影:尾形文繁)

名古屋地区には「リニア・鉄道館」がオープンした。JR東海が運営する施設であり、展示収蔵物は閉園となった佐久間レールパークなどから移設整備されたほか、新幹線やリニア関連車両のほか、蒸気機関車や蒸気動車などが静態展示されている。

JR関連ではこのほかに「北海道小樽交通記念館(現小樽市総合博物館)」「九州鉄道記念館」「鉄道歴史パーク in SAIJYO」(四国)などがある。また、民鉄系博物館系施設としては名古屋鉄道が運営する「博物館明治村」が蒸気機関車や日本最古の路面電車の動態展示を長年実施しているほか、東京メトロの「地下鉄博物館」、東武鉄道の「東武博物館」などがある。

なお、このほかに鉄道車両などを収蔵展示物としている機関・施設が多くあるものの、残念ながらそのような施設には専門知識を有しない学芸員や担当者が多いためか、貴重な展示収蔵物としてその記録情報発信が十分になされていない点が惜しまれる。

博物館の社会教育施設としての役割とはどのようなものか。成人層も含めた広い世代に社会教育を行うのが理想ではあるものの、経営側の知識不足か営業的要求か、こんにちの博物館は幼児、幼年教育ばかりに思考が集中して10代後半以降の世代の知識欲求を満たす役割を果たせておらず、展示物よりも遊具中心でテーマパーク的な味付けになってしまっている傾向が目立つ。ミニトレインのような鉄道系博物館の遊具施設は「としまえん」が同様のものを導入するほど、立派な造りとなっている。


歴代の東海道新幹線がズラリ並ぶ「リニア・鉄道館」(撮影:今井康一)

「キッザニア」に始まる幼児の職業体験的な施設はアミューズメントに分類されるが、なぜか鉄道系の博物館施設の多くも体験型にこだわる。だとしたら、こうした鉄道系の施設は博物館ではなくアミューズメント施設なのではないか。

歴史系博物館や自然科学系博物館では来館者の知識要求レベルはかなり異なる。子供向けの要素を強化して、知識を得たいシニア層やこれから鉄道界に就職したいというような学生の要求を満たせなくなっているのが、現在の多くの鉄道系博物館の実態ではなかろうか。

鉄道系博物館の展示車両などは機械や電気技術の成果である。その外観を見ただけでは学べない。資料は語らないが、それに何かを語らせるのが本来の博物館や学芸員の役目である。

展示物を理解できない学芸員も

近年の展示内容は高価で立派な遊具を除いて動く素材が減り、汽笛の吹鳴ショーや運転シミュレーター体験などゲームセンターやショー的な内容が目立つ。単に観光施設としての集客数にとらわれた運営に陥っていないか。説明員より知識のあるマニアやファン層は敬遠され、子供程度なら扱いやすいからとキッズパーク的な内容整備で自己満足してはいないか。

学芸員が展示物を構造的に理解できていないのも問題だ。学芸員は専門性を要求されるとはいうものの、国内の学校教育プログラムに明確な「鉄道学」があるわけではないので、その分野の専門家がいるとはいえない状況にある。考古学や歴史学、社会学や地理学、自然科学の専門家は多くいる。一方で、鉄道学はあくまで独自にそれを学ぶか、自己の趣味嗜好の知識の範囲で対応する専門外の人材しかいない。


鉄道博物館で人気を集める蒸気機関車(撮影:風間仁一郎)

博物館運営に造詣の深い地理学者で鉄道研究家の青木栄一先生が古くから指摘されている事項に、学芸員育成教育に理工系科目が不足している問題がある。

学校等における文部科学省の博物館学芸員資格の必要要件と取得科目はいまだに文系基礎科目基本の内容だけで構成されている。科学技術を展示解説する場合において、他の考古学や歴史学と異なりその道の専門理解者が対応できていない点も、年少者レベルでの社会教育にしか対応できない悲しい状況を生んでいるのではなかろうか。

鉄道は科学技術の結集体であり、その構造理解のためには機械や電気の工学知識や図面解読のための図学知識も不可欠である。単に年代的な史実の変遷、外観や塗装的な見た目の変化だけでなく、ネジ1本の変更にも技術的な意味は存在する。すべてを語る必要はないが、博物館員はその展示物の内容をきちんと把握して見学者の知識欲に対応できてこそ、社会教育施設として成人も含めた広い世代に対する義務を果たせるのではないだろうか。


自動改札機の仕組みを説明する博物館もある(撮影:尾形文繁)

学芸員は収蔵物に関する保守や維持手法を含めた豊富な知識で見学者に応対するほか、収蔵物の背景等についても新たに研究を継続し、その学術的成果を新たに発表しなければならない。単に磨いて保存しておくだけとか、必要最低限の接客だけするのであるなら、インタープリター(説明員)だけで済む。

科学技術系の博物館においてはその展示内容にふさわしい技術知識の習得をして臨むのが好ましい。理系大学や理系コースに学芸員養成過程を設置するとか、学芸員習得科目に工学的科目を追加するなど、これらの分野の対応可能者を育成してゆくのも科学技術大国である日本の課題でもあろう。

シミュレーターはゲームではない

幼児や年少者だけでなく広く高齢者層まで知識欲求は継続する。その学習ニーズに応えるためにも広い世代に対応できる社会教育体制を博物館が備えるべきである。生涯学習の時代なのだから、専門外の学芸員も新たに大学などに再入学して工学を学ぶとか、いろいろな実務を活字以外からも吸収しなければならない。鉄道会社のインターンシップなどで実学を追加学習するなど、経営側も学芸員の学習や研究活動充実のための配慮をすることも必要でなかろうか。

展示物は極力動くほうがいい。動かして保存できる技術が伝承されることに意味がある。鉄道の保全現場などとの保守連携も重要かつ理想であるし、文章にない経験者の「記憶」の保存も大切である。


リニア・鉄道館では昔のドクターイエローも展示(撮影:今井康一)

運転シミュレーターをゲームと勘違いしている人が多いが、本来は訓練装置である。突然踏切に自動車が侵入してきたとか、雨が降ってきて止まりにくくなるとか、速度を出しすぎると脱線してしまうとか、現実の勤務環境を理解してもらうような体験展示ツールにすべきではないのか。

「博物館類似施設」「博物館相当施設」を含めて博物館は年少者だけでなく、これからの世代を教育して育成させるための「装置」でもある。鉄道を目指したいと願う学生層に敬遠されてしまう施設では情けない。理解を深め、この業界に魅力を感じてもらえるような施設になることが望ましい。

来館者確保のためには、少子高齢化を視野に入れた運営・企画が存続の鍵となる。単なるテーマパークのような施設でなく、機能的な社会教育施設としての役割を果たせる、より魅力ある施設に成長拡大してもらいたいものである。