トルコ代表、W杯出場権に届かず【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間6日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループIの第9節の3試合が行われた。上位4チームが混戦だったが、最終節を前にトルコが脱落し、アイスランドが2位以上を決めている。

 勝ち点16のクロアチアとアイスランド、同14のトルコとウクライナが接戦を続けているグループI。この日はウクライナがコソボに2-0と勝利を収めた一方で、クロアチアはホームで敗退が決まっているフィンランドと1-1。痛恨のドローとなった。

 トルコ対アイスランドの一戦では、アウェイのアイスランドが3-0で勝利。トルコに引導を渡して大きな勝ち点3を加えたアイスランドが、最終節を前に単独トップとなった。

 最終節は、勝ち点17で並ぶウクライナとクロアチアの直接対決。勝った方はグループ首位浮上のチャンスがあるものの、勝ち点2差でトップのアイスランドは最終節がここまで未勝利のコソボだ。

text by 編集部