木下優樹菜/FUJIWARA・藤本敏史

写真拡大

5日放送の「ニンゲン観察バラエティ モニタリング 3時間SP」(TBS系)で、タレントの木下優樹菜と、夫のFUJIWARA・藤本敏史がみせた夫婦愛に対して、Twitterで大きな反響が集まっている。

番組では、「ユッキーナが『私の事どう思う?』と聞いたら 夫フジモンは『愛してる』と…」と題し、木下がロケ中、藤本に電話をかけて、自身のことをどう思っているのかを確かめた。

東京・阿佐ヶ谷の居酒屋を巡り、そこで出会った一般の人々の夫婦愛をモニタリングする企画だったが、ある男性グループと話をしているうちに木下も、母親としての不満を漏らしはじめた。すると、男性グループの中のひとりが、藤本に電話をして気持ちを確認してみてはどうかと、木下にまさかの逆モニタリングを提案したのだ。

その後、木下が藤本に電話をかけ「優樹菜のことをどう思ってる?」 と尋ねるた。電話越しの藤本は、はじめのうちは困惑した様子をみせていたが、次第に落ち着き、木下の問いかけにも「愛してるよ」「大愛してる」と答えたのだ。木下は照れながらも「ありがとう、嬉しい」「普通に嬉しいわ」と、藤本に感謝の言葉を伝えていた。

そんなふたりのやり取りの映像に、あるTwitterユーザーが「本間に憧れの夫婦」(原文ママ)と添えて投稿している。


このツイートは、6日22時半の時点で2万2000件以上のリツイートと、9万1000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
藤本敏史 木下優樹菜との夫婦ゲンカで吐く捨てゼリフ「どうせオレしか無理や!」
木下優樹菜 夫のFUJIWARA・藤本敏史の給与明細を見た結果
木下優樹菜が娘たちにやめてほしい仰天行動を明かす「パパが大好きすぎて」