真の「令嬢」を、あなたはご存知だろうか?

アッパー層の中でも、その上澄みだけが集う世界で生きる薫は、「普通」とはかけ離れた価値観で生きてきた。

高価なジュエリー、日々の美食、時間に追われぬ毎日。

仕事も家事もせず、誰もが羨むような贅沢を当たり前のように享受する。

そんな薫にも悩みはある。

だがそれはやはり、「普通」とはかけ離れたものだった。




ある日の夜、薫はタクシーで、いつも行く百貨店へ向かっていた。

今日は、最近お世話になっているブランドの「担当さん」に誘われたイベントが開かれるのだ。

春夏、秋冬と年に2回、閉店後にフロアを貸し切って、上顧客だけが呼ばれるイベント。

これは、百貨店の上顧客である「一部の人」しか呼ばれないものだ。

今回薫が呼ばれたのは、高級ブランド専門のフロア。

このイベントが行われるのは、通常営業が終わった閉店後。そのため閉店間際の館内は、百貨店にとって特別なゲストたちでにぎわい始める。

ゲストたちは百貨店の入り口で、胸元に招待客の印をつけて入店する。

その客層は年配者と、明らかに特定のブランドに身を包んだ者とに大きく分けられる。前者は外商関係、後者はブランド店員からの招待だ(薫はその両方から招待されている)。

そんなゲストたちが入り混じる中を、まだ年若い薫は堂々と闊歩する。

薫のような外商関係のゲストはフロア全体をうろうろしていることが多い。逆にブランド関係のみのゲストは目当てのブランドのコレクションラインを物色していることが多く、ひどく高価で奇抜な商品から売れて行くのを、薫はよく目にしていた。

フロアの至る所ではクラシックの生演奏が入り、それがBGMとなり心地良い空間を作っている。

アペリティフやシャンパンが、どのゲストにもサーブされるため、薫も1杯口をつけていると、突然声を掛けられた。

「あらー、ありがとうございます。来てくれたのね」

くるりと振り返ると、そこには「担当さん」が満面の笑みで立っていた。


担当さんとの“微妙な関係”に疑問を持つ薫。


担当さんは、薫の日頃の買い物を把握しておいてもらうことで、サイズや好みに合わせた提案をしてくれる相手。

薫は名だたるブランドに、それぞれの担当さんを持っている。

この担当さんとは、つい半年ほど前にお付き合いが始まったばかり。前任者の転職により、それ以来薫の担当になった女性である。

初めて会った時から友達のような雰囲気で、薫もこの担当さんとのおしゃべりを楽しんでいた。今日のお誘いも、そのおしゃべりの中で是非にと誘われたものだ。

こういったイベントはホテルや星付きレストランでもよく行われている。

普段は店頭に並ばないような貴重なものが揃っていたり、先行販売されている。もちろん、食事やお土産まである。お土産は、そのブランドのロゴが入ったお菓子やシャンパン、非売品のオリジナル商品である場合がほとんどだ。

先ほど薫に声をかけてきた担当さんは、一旦奥に下がったかと思うと、薫の好みに合わせた秋冬の新作を、薫のサイズで数着持ってきた。

ラックに掛けられたそれらは、まだ一般に出まわる前のものばかり。

「あら。これとこれ、かわいいわ」

薫が気に入ったのはジャケットとコート。

「でも私、いつも同じようなものばっかり買ってるって、みんなに叱られちゃうのよね」

ジャケットにもコートにも同じボタンが使われており、雰囲気はほとんど同じ。その2枚を見ながら薫が独り言のように言って、どちらか一つに絞ろうと考えていた時、担当さんが言った。

「ご予算関係ないんですし、どちらも買ってくださいよ」

彼女はまた、満面の笑みを向けてきた。その笑顔に、薫は妙な違和感を覚えて、すぐに返す言葉が見つからなかった。

彼女の崩れない笑顔が原因かもしれないし、違うかもしれない。なぜだか分からないが、薫はしばし固まったように言葉を失った。

「ごめんなさい、もう欲しくなくなっちゃったわ」

自分の中に芽生えた違和感を解消できないまま、どうにかそう言って、薫はそそくさとその場を後にした。

オーケストラが奏でるヴァイオリンが、うるさく薫の耳に響く。

鏡や、床や、柱や、シャンパンの入ったグラスがキラキラと輝いている。

百貨店は、子どもの頃から大好きな場所だ。だが今の薫は、この空間から早く抜け出したくて仕方なかった。


”裕福”なんて言葉には、収まらない女



高沢薫。

大きな瞳が印象的で、彼女と話していると忙しい毎日なんて忘れてしまうような、一種独特の雰囲気を纏う女。

人の目をしっかり見ながら話を聞く様は、彼女の圧倒的な育ちの良さを感じさせる。

しかし時に、28歳とは思えぬ無邪気な笑顔を見せる。その清廉さとあどけなさで、周りの者を翻弄する。

彼女に初めて対峙した者は、誰しもが必ずこう思う。

「彼女は一体何者で、何をしているの?」

聞けば仕事はしておらず、毎日パーティー、展示会、お買い物にレストラン巡り、お友達とのイベント、それに愛犬のお世話で忙しいの♡と平然と言い放つ。

仕事はしていない。家事はお手伝いさんがすべて完璧にしてくれる。

広尾の、緑豊かな景色を眺めながら2SLDKの部屋で暮らす。独身、28歳の薫。

「薫ちゃんの、したいようにしなさい。稼ぐ必要はないんだから、本当にやりたいことが見つかるまで好きな場所で好きなものに囲まれて暮らしなさい」

何度も言われたその言葉の通り、薫は「稼ぐ」なんて概念を持たぬまま、28歳になっていた。

薫は小学校から高校まで、名古屋の名門私立女子校に通った。

父親は経営者、母親は根っからのお嬢様として育てられた専業主婦で、両親ともに名家の出身。お見合い結婚をした両親の長女として、薫は生まれた。

”裕福”なんていう言葉には収まらないほど、豊さを持て余したような家庭で子どもの頃から、それはそれは大切に育てられた。

一流ブランド品を身につけ、有名シェフたちの料理を食べて育ち、大学入学に合わせて上京してからは『ガストロノミー ジョエル・ロブション』へ毎週のように通った。

小学生の時に好きになったブルマリンのお洋服、ヘレナルビンスタインの化粧品は、今も薫の定番品だ。

だが薫が「特別」なのは、その恵まれた環境だけではない。


薫の、普通ではない暮らしとは。



褒められることが好きだった薫は、嫌がることなく勉強を楽しんだ。そのため名古屋での高校時代、特に苦労することもなく圧倒的な成績で東大に現役合格した。

勉強は好きだった。やればやるだけ結果がでた。テスト前に「どうしよう」と半泣きになっている友人たちの気持ちがわからなかった。

由緒ある出自、愛嬌のある顔立ち、明晰な頭脳……。

これ以上何が必要かと言うほど、薫はすべてを持っていた。

そんな薫が、友人たちが就職活動に励んだり大学院進学を決めたりと将来に向けて動き始めた時に、母から言われたのがあの言葉だった。

「薫ちゃんのしたいようにしなさい。働く必要はないから」と。

そうして、現在の広尾の家とクレジットカードを渡され今に至る。

幼い頃から、家族の中で毎朝出かけなければならないのは学校に行く薫だけだった。朝から晩まで仕事で拘束される人が身近にいなかった。

だから薫にとって今の「仕事も家事もしない暮らし」は違和感のないものであり、毎日会社に行き残業する友人の話を聞くだけで疲れてしまう。

だが、「いつか、何かしたい」そんな気持ちだけはこっそりと抱えていた。



薫が逃げるように百貨店を出て、その足で向かったのは銀座の『masq』。

牡蠣もステーキも美味しく、洗練された空間はいつも多くのカップルでにぎわっている。

ここは二日に一回は来ることもある、馴染みの店。優しいお兄さんたちが薫を諭してくれる場所でもある。

バーカウンターに進み、椅子に座るなり薫は勢いよく口を開いた。

「お腹空いたから、とりあえず温かいのください」




そう伝えて、しばらくして運ばれてきたのは「フォアグラそうめん」。それを目の前にして、薫はぽつぽつ話し始めた。

「別に、買い物する時に予算なんてないんだから、どっちも買えるけど。でも、あんな言い方されたら、まるで担当さんのために買うみたいじゃない?私は本当に気に入ったものしか欲しくないのに…」

ぷくっと膨れて、ぶつぶつ独り言のように薫は話した。

それに耳を傾けていたスタッフが、タイミングを見て諭すように言った。

「でもまた、なんでもいいって顔してニコニコしちゃったんじゃないの、姫」

「そんなことないけど……!」

薫のまわりには、優しい人ばかりが揃っている。

家族も、友人も、学生時代の先生たちも、レストランのスタッフも、百貨店の担当さんも、だ。

いつも笑顔で接してくれる。子どもの頃からずっとそうだった。その優しさを疑問に思うこともなかった。

だが最近、薫は違和感を覚えるようになっていた。その優しさは、単なる親切心からきているのか、と。



―昨日はありがとうございました。お迷いのお品物、お取り置きしておりますのでいつでもお申し付けください。

翌朝、担当さんから届いたメールを見て、薫は愛犬のアンナに囁いた。

「別に欲しくないんだけどなぁ…」

上質なもので揃えられて広いリビングには、薫の声が小さく響いた。

▶NEXT:10月14日 土曜更新予定
自分のための誕生日プレゼントを探す薫を悩ませる出来事が起こる。