武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-1 ニュージーランド キリンチャレンジカップ2017】

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表と対戦し、2-1で勝利した。

 最前線で起用される可能性もあった武藤嘉紀だが、この日は左サイドでプレーした。試合を振り返ったアタッカーは「いいところもありましたけど、やはり得点に絡まないといけなかった」と悔しさを浮かべた。

 ハリルジャパンでこのポジションは原口元気、乾貴士などドリブラータイプが主に務めてきた。彼らとは異なる特徴を発揮することが求められるが、武藤も「そうならないといけない」と話す。そして「どこで出ても良いプレー、結果が必要ですが、今日に関しては結果がついてこなかった。でもそれに納得せず、次にチャンスがあったらもっともっとポジディブに、少しエゴイストになっていきたい」と決意を明かした。

 武藤はハビエル・アギーレ監督体制下でも左サイドでプレーしたが、当時とは役割が違うようだ。

「なるべく外に張らないでくれって言われているし、それは自分の中で新鮮。中にいると、あまりにも距離が近すぎても厳しいので、そこはチームで話し合いながらやっていかないといけなかった」

 この日、いくつかのチャンスには絡んだ。しかし結果はノーゴール。「アピールできたかというと納得はいっていない。次もしチャンスがあったら必ず決めないといけない」と意気込んだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部