吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-1 ニュージーランド キリンチャレンジカップ2017】

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表と対戦し、2-1で勝利した。

 キャプテンマークを巻いた吉田麻也は、「そこだけだったんですけどね」と失点シーンを悔やんだ。59分、クロスをクリス・ウッドに頭で決められた。

 試合全体については「前半は良くて、後半にちょっとリズムを崩してしまった」と吉田。「サッカーなのでこっちの流れ、相手の流れというのはあると思うけど、もうちょっとうまくできたという感覚がある」と振り返った。

 日本のペースで進んだ前半、吉田のフィードに前線の選手が反応する形を作っている。

「3バックのサイドはあまりアジリティに特化していなかったので、アタッカーがワンアクション、ツーアクションをいれると、次の動きで振り切れていた。(久保)裕也のところに出せるタイミングもたくさんありました。前に強くて重心がある分、後ろにスペースがあるってヨッチ(武藤嘉紀)と話をしていたのでいいボールが通っていましたけど、ヨッチがコントロールしてそのままシュートまで行けるようなボールをもうちょっと出したかった」

 相手の特徴を見極め、効果的な選択ができたのは収穫だろう。もちろん、課題も得た。

「(失点の場面は)あと半歩、一歩の差だった。もうちょっとボールが短ければ触れたと思うし、長ければ(酒井)宏樹が触れたと思いますけど、レベルが高くなればなるほど、そういうところを突いてくると思う」

 ニュージーランドは決して世界屈指の強豪ではないが、それでも得意な形に持ち込めばネットを揺らしてくる。そして、W杯本大会ではさらに強いチームと戦うことになる。降りしきる雨の中で行われた今回の一戦を教訓としたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部