2年ぶり代表先発のFW武藤嘉紀「プレーに納得してない」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利︎した。

▽試合後、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。約2年ぶりとなる代表での先発に手応えを感じつつ、ゴールという結果を残していないことで「納得はいっていない」と悔しさを滲ませた。

FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

──約2年ぶりの先発だったが

「良いところもあったけど、やっぱり得点に絡まないといけなかった。アピールできたかといえば、納得はいっていない。次、チャンスがあれば必ず決めたい」

──試合の入りは良かったが

「入りも、チャンスメイクも良かった。でも、自分自身、前半のシュートは枠に入れないといけなかった。あとは良いコンビネーションで何度かチャンスを作れていたので、あの場面で決め切らないと、今日みたいな難しい試合になる」

──前線に新たな形は見いだせていたか

「監督との話し合いで裏抜けを求められていたので、それはできていたと思う。あれが得点に繋がっていれば、なお良かった。そこは自分でゴールを決める力が必要。今日はそれができなかった」

──サイドでの起用プランは聞いたか

「特にない。チームと違うポジションだが、やってほしいと。普段、チームでドリブルしないので、難しさはあるけど、求められる場所で結果を残さないといけない。そこに厳しさを感じるよりもやらないとっていう気持ちが強い」