久々CB先発のDF槙野智章「良いプレーできた」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利︎した。

▽試合後、DF槙野智章(浦和レッズ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。久々のセンターバックでの先発出場に「良いプレーができた」と自己評価し、「このポジションに入っていかないといけない」とさらなるアピールを誓った。

◆DF槙野智章(浦和レッズ)

──自身のプレーぶりを振り返って

「ゲームに入る前からずっと(吉田)麻也と話していたし、練習でもずっと組んでいたし、ビデオを見て相手の特長も掴んでいた。良い準備ができた中で、良いプレーができたと思う」

──先発を告げられたタイミングは

「(名古屋に)着いた日。合宿に合流したその日に言われた」

──久々のプレー機会で期する思いがあったのでは

「招集されるたびに色々なポジションをやらされて、センターバックとしては久々の出場。A代表に招集される中で、常にベンチに座る悔しさがあった。代わりに入る選手も良いプレーをしていたので、自分がチャンスをもらえたときに、良いプレーじゃなくて結果を残して、このポジションに入っていかないといけない。招集されるだけじゃなくて、ピッチに立たないといけないという1年分の思いを今日出すことができた」