代表初弾のMF倉田秋、ギラつく「もっと自分の良さを」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利︎した。

▽試合後、MF倉田秋(ガンバ大阪)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、決勝点に繋がった自身の代表初ゴールに「やっぱり特別。本当に…気持ちよかった」と喜びを露わ。だが、G大阪の10番はサバイバルレース生き残りへさらなる飛躍とアピールに意欲を示した。

◆MF倉田秋(ガンバ大阪)

──気持ちが表に出たプレーぶりだったが

「出たら絶対にやってやろうって、前半からずっと見ていた。そういう形になって、本当に良かった」

──ゴールシーンについて

「左サイドで(乾)貴士がボールを持ったらほとんど崩してクロスを上げてくれる状況だったので、中に突っ込んでいれば、何か起こるかなと思って、それを信じてやっていた結果がゴールに繋がった。貴士が上げてくれたのもあるし、(酒井)宏樹が良いボールを落としてくれた。みんなのおかげで取れたゴールだったと思う」

──ヘディングでのゴールは珍しいが

「そうですかね。意外と年に1回ぐらい取っている(笑) あれは反射的でした」

──代表初ゴールについては

「やっぱり特別。本当に…気持ちよかった。けど、ここからがスタート。もっとやらないといけないことがあるし、スタメンを勝ち取ることが今の目標。もっともっとアピールしていきたい」

──伸ばしていくポイントは

「全ての面でまだまだ。監督を満足させるようなプレーが攻守にできていないので、もっと自分の良さを出していきたい」