後半途中からの出場で攻撃にリズムをもたらした乾。勝ち越しゴールの起点となった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム

 日本とニュージーランドのテストマッチは終盤の倉田のゴールで勝ちはしたものの、どこか消化不良の印象が残る試合だった。
 

 その最大の原因は、やはり香川も試合後のインタビューで言っていたけど、「決定力不足」の一言に尽きる。雨で濡れたピッチだったとはいえ、とにかくシュートが下手だ。あまりにも精度がひどすぎた。雨の中でもシュートの練習はやっておかないとダメだ。
 
 もちろん、シュートの精度だけではなくて、敵があれだけ自陣にひいてゴール前に壁を作っているわけだから、最後のところでのひと工夫も欲しかった。ニュージーランドは日本のパス回しや前からの積極的な守備についていけなかっただけに、もう少しテンポを変えるなどして、揺さぶるところがあっても良かった。
 
 そういう意味では、後半途中に入った乾のプレーは効いていた。左サイドからドリブルで仕掛けたり、後方から上がってくる選手を効果的に使ったり、ニュージーランドのブロックを確実に切り崩した。倉田の決勝点も、この乾の仕掛けとクロスから生まれている。
 
 現時点で結論を出す必要はないと思うけど、乾の使い方としてスーパーサブ起用は効果がありそうだ。スタートは原口や武藤といった、より走力のある選手でかき回して、相手に疲れが見え始めてスペースができたところで乾を投入する。1試合を通じて、こういう流れができれば、乾のテクニックも活きるだろうし、なにより得点の可能性を感じるよ。
 
 ただ正直なところ、ニュージーランドという相手に、明るい材料が乾を中心とした崩しくらいしか感じられないのでは、ワールドカップに向けてちょっと先行きが不安だ。ワールドカップで上位を目指すのであれば、このクラスの相手は圧倒して勝つくらいのパフォーマンスを見せなければいけないよ。
 一方で守備面に関しては、しっかりボールにアプローチができて迎え撃つ形で守備ができていれば、相手の高さに対してもそれほど危ないシーンはなかった。ただ、相手も押し込まれながらも、なんとか日本の攻撃を食い止めていて、カウンターから何度か冷や汗もかかされていた。
 
 そして59分には、左サイドを突破され、警戒していたウッドにヘディングシュートを決められた。やはりプレスを外されてしまうと、どうしても中の選手への対応が散漫になって危ないシーンが生まれてしまう。ハリル監督がよく言う局面での闘い、“デュエル”というものが、いかに重要なのかが分かるよ。
 
 ニュージーランド戦の90分を振り返って思うのは、ほとんどの選手がアピールできていないということ。とりわけ、海外組の選手には普段厳しいところで揉まれている成果を見せてほしかったが、久保にしても武藤にしても合格点には程遠かった。
 
 この日一番の輝きを放った乾にしても後半途中からの出場で、相手にも疲れが見え始めていたからね。そのうえ、6人ものメンバー交代があったわけだから、終盤は連係や集中力という面を踏まえても、あまり参考にはならない。そう考えると、誰も十分なアピールには成功していないということになる。
 
 ワールドカップのメンバー入りに向けて、各々がもっと強く自分の存在をアピールしていくべきだ。監督が言うように、ワールドカップ出場が約束された選手は誰ひとりいないんだから、こういったテストマッチにしても、強い危機感を持って取り組まないと、チーム力は向上していかない。
 
 次なる相手のハイチは、ニュージーランドよりもランキングでは上になるようだけど、個々がもっと貪欲に、意欲的に臨んでほしいね。

【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥