サイドから攻撃の起点となるも、久保らしい鋭いシュートは放てず。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム「結果を残していないので、これからかなと思う」 先発出場を果たした久保裕也は、誰よりも悔しさを滲ませた。  今回のニュージーランド戦はロシア・ワールドカップ出場を決めて以降、最初の日本代表戦。まさに、この試合から本大会のメンバー入りを掛けた戦いの幕が切って落とされたと言える。だからこそ、11番は誰よりも目に見える結果を欲していた。 「なるべくサイドに張るなと言われていた。なので、サコ(大迫)君の近くでやれていたかなと思う」 本人がそう述べるように、チャンスメイクの部分では大迫勇也と上手く絡みながら、キレ味鋭いドリブルや巧みなボールキープで存在感を発揮。それでも、久保が不満気な表情を見せたのは、無得点に終わったからに他ならない。「もうちょっとシュートシーンを自分で作れたら良かった」とプレーを振り返ったように、自ら仕掛けてゴールに迫るような場面は皆無。雨の影響でスリッピーなピッチだったとはいえ、積極的にシュートを放てなかったことを悔やんだ。  ただ、本人は原因をしっかりと理解している。「ボールを受けた時にもっと中に入ってシュートがあっても良かったし、もっとイメージを持ってゴール前でやれたら良かったかなと思います」 この反省を踏まえ、10日に行なわれるハイチ戦ではゴールを奪えるのか。「まだまだ全然。目に見える結果を残すことが一番のアピールになるので、それが一番大事かなと思います」という自身の言葉通り、自らの価値を証明するためには得点を奪うしか道はない。【PHOTO】日本×ニュージーランド戦の美女サポーターたち❤