この日も高いボール奪取力を発揮した山口(右)。小林(左)の存在感を褒め称えた。写真:滝川敏之、茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 先制点となったPKの場面。相手DFのハンドを誘うシュートを放ったのは、山口蛍だった。
 
「PKを獲得できたのは良かった。守備面では、今までの試合よりも前でボールを取れていたし、手応えはありました」
 
 ダブルボランチの一角で先発出場し、後半途中からアンカーを担った。中盤で攻守のバランスを整えた背番号16は、途中出場で流れを変えた小林祐希について言及した。
 
「相手に押し込まれる展開のなかで、祐希が入ってからリズムが生まれた。ボールを落ち着かせてくれたし、タメを作ってくれた。なので、なるべく祐希がボールに触れられるように心がけました」
 
 また、中盤でともにプレーした井手口陽介については、「特に違和感なくプレーできた。ただ、彼は動き過ぎてしまうところがある。今後一緒にやっていくなかで、連係を深めていきたい」とコメント。さらなるコンビネーションの向上に意欲を示した。

【PHOTO】日本×ニュージーランド戦の美女サポーターたち❤