決勝点の起点になった乾…酒井へのクロスは「適当でしたね(笑)」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦した。

 50分、FW大迫勇也のPKで先制した日本だったが、59分にバーンリー所属のFWクリス・ウッドに同点弾を決められた。しかし88分、途中出場したMF倉田秋が代表初ゴールを奪い、試合は2−1で終了している。

 試合終了後、途中出場したFW乾貴士がコメントを残している。

 まず「(DF)長友佑都くんとコミュニケーションとってやりました。あとは縦に仕掛けていくことも念頭に置いてプレーしましたね。相手が大きいので、狙ってクロスを上げるのは難しかった。(DF)酒井宏樹にあげたやつは適当でしたね(笑)。誰かに合えばいいかなぁと。相手も疲れていたので、攻めればチャンスは作れるなと思っていました。佑都くんのサポートも的確でしたね。これを続けていきたい」と述べている。

 続いて「先発と途中出場は求められる役割が違う。最初から出てたら守備の貢献度も求められる。あとはバランスも考えないといけない。でも今日は違う。点を取りに行けっていうサインがあったので、攻撃に力を注ぎました。オーストラリア戦とは考えていることが違いましたね」と締めくくった。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。