PKで先制点を奪ったものの、流れの中からは得点を挙げられなかった大迫。試合後に課題を口にした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 前半をスコアレスで終え、後半もニュージーランドの堅守を崩せない。そんな嫌なムードを払拭したのが、CFで先発した大迫勇也だった。50分に得たPKを冷静にゴール右隅に沈め、先制点を奪ったのだ。
 
 この日は屈強なニュージーランドのDFに苦戦。ファウル覚悟の激しいチャージを受け、自慢のポストワークはやや安定感を欠いた。
 
「相手にも良い選手はいましたよ。3バックの真ん中の選手(ウィストン・リード)が特に強かった」
 
 大迫がそう語るように、ニュージーランドは5バック気味に構えて中央の守りを固めてきた。だからこそ、「サイドで崩す」という意識を共有し、実際前半は武藤や久保の突破から何度も決定機を作った。
 
「入りは悪くなかったと思う。今日はとにかくサイド。数的優位を作っていかに崩すかがテーマだった」
 
 大迫にも何度かチャンスが巡ってきたが、クロスが合わず、流れの中からはゴールを奪えなかった。PKで1点を上げたものの、本人に満足感はない。
 
「ゴール前にもっと勢いよく入っていきたい。そこは監督に求められている部分だし、自分自身の課題でもある。その質と量を上げていきたい」
 
 チームとしても「もっと崩す形を増やさないといけない」と反省の弁を口にした大迫。背番号15にとって、課題ばかりが残る一戦となった。
 
取材・文:高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本×ニュージーランド戦の美女サポーターたち❤