Appleデベロッパーサイトの「iPhone Xにアプリを対応させるには」のページを見ると、iPhone Xのノッチ(切り欠き)部分の取り扱い方がだんだんわかってきます。

縦使用ではステータスバーとして機能する耳

ステータスバーに入り込まないように


iPhone Xのノッチ(切り欠き)部分両端の耳は、基本的にステータスバーのために存在します。アプリがステータスバーを侵食しないよう気をつけましょう。
 

コントロールはノッチ(切り欠き)部分や耳にかぶらないように


コントロールメニューがノッチ(切り欠き)部分や耳のステータスバーにかぶらないように配慮します。かぶっているとタッチがうまく認識されない可能性があります。
 

画面のホームボタンを呼び出す部分には入り込まないように


ホームボタンが撤廃されたiPhone Xでは、画面下部分を上にスワイプすることでこれまでのようにホーム画面を呼び出すことができます。iPhone Xのアプリ開発の際には、画面上のホーム画面切り替えアクション部分にアプリが入り込まないように設計しましょう。
 

エッジジェスチャーとアプリのジェスチャーがかぶらないように


iPhone Xはエッジジェスチャーでホーム画面への切り替えや、アプリの変更、通知センターとコントロールセンターの呼び出しを行ないます。アプリ内のジェスチャーがiPhone Xのエッジジェスチャーとかぶらないように気をつけましょう。エッジ保護を有効にして、アプリ起動中の最初のアクションがアプリ内で行なわれるようにすることも可能です。

横使用では全画面再生を楽しもう

動画再生は正しいスケールで


iPhone Xでの動画視聴は、ノッチ(切り欠き)部分がコンテンツに支障をきたす場合を除いて全画面再生で行なわれるべきです。
 
尚、その他すべての注意点は、ソースのAppleデベロッパーサイトを参照してください。
 
 
Source:Apple Developer
(lexi)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ