途中出場でリズム変えた小林「アピールできたとは思わない」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦した。

 50分、FW大迫勇也のPKで先制した日本だったが、59分にバーンリー所属のFWクリス・ウッドに同点弾を決められた。しかし88分、途中出場したMF倉田秋が代表初ゴールを奪い、試合は2−1で終了している。

 試合終了後、途中出場したMF小林祐希がコメントを残している。

 まずは「自分じゃなくて周りを生かすことを考えました。味方を気持ちよく動かしたかったですね。あとは、つねに相手のことを考えて立ち位置も気にしていました。自分が入った時、相手は疲れていて間延びしていた。そこで決定的な仕事をしたかったです」と総括した。

 続いて「今日のプレーは評価しづらいと思います。時間とか相手の疲労度とかを考えると。久々の出場だったんですけど、形にとらわれないようにできました。サイドに流れたり、中央で捌いたり。リズムも変えられたかなと思います」とコメントしている。

 さらに「今日の試合でアピールできたとは思わない。それは監督が決めることですので。チームには馴染めている。いつもより高い位置でボールも触れましたし。そこでの収穫はありましたけど、監督のいう『縦に速いサッカー』っていう面ではわかりません。もっと日々の練習からしっかり練度を高めていきたいです」と語った。

 そして「監督からは、失点したあとだったので『とにかくいけ』と。合宿通して守備の面で期待されていたんですけど、攻撃の面で持ち味が出せたかな。どの場面でも顔を出せたと思います。ペナルティエリア付近でシュートや決定的なパスも意識していました。いいところにいれば質のいいボールが来る。それも試合を通じて感じたことです」と口にした。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。