6人の交代枠をすべて使い切ったハリルホジッチ監督。流れるようなコンビネーションを披露するシーンは数えるほどだった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
「勝ちましたけれども、簡単な試合ではありませんでした。先制点を取った後のゲームコントロールが上手くいかず、同点に追いつかれてしまいました」
 
 ニュージーランドとの試合を終えた直後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が口にしたのは、反省の言葉だった。
 
 日本代表は50分に大迫勇也のPKで先制。後半開始早々の得点でリズムをつかんだかに見えたが、9分後に同点弾を献上してしまう。その後は途中出場の小林祐希や乾貴士を中心にペースを取り戻すと、87分に同じく途中出場の倉田秋が決勝点をマークした。
 
「1-1となってからは、我々が攻撃を仕掛け、素晴らしいコレクティブな連係から2点目を奪うことができました」
 
 指揮官がそう称えたように、勝ち越しゴールは美しいコンビネーションから生まれた。左サイドの乾が上げたクロスを酒井宏樹が頭で折り返し、倉田がヘディングで押し込む。倉田にとっては、嬉しい代表初ゴールだった。

 ただ、試合を通してコンビネーションで崩したシーンはさほど見られず。攻守両面で課題が残る一戦だったと言えるだろう。

【PHOTO】日本×ニュージーランド戦の美女サポーターたち❤