【習慣化したい自分メンテナンス術】イメージワークで心身リラックス

写真拡大 (全7枚)

こんにちは。インド好きの翻訳者&エディターの松本恭です。連載「楽しい瞑想」Vol.8では、イメージ療法を用いて、がんやその他の心身の問題に悩む人々をサポートしてきた心理療法家の菅原はるみさんに、イメージを生かしてこころと体をリラックスさせるためのヒントを教えてもらいました。

© eiichi matsumoto

心のなかで想像していると、まるで実際にその体験をしているように体が反応してしまったという経験はありませんか? たとえば梅干しをイメージすると唾液が出るなど。また「取り越し苦労」もその一例です。イメージは、人を癒やしたり、逆にそれがきっかけでストレスのもとになったりと、私たちの心身に影響する力を秘めています。
菅原さんは、'70年代に大学院に留学したアメリカで心理療法を学び、臨床心理の経験を積みます。当時のアメリカはカウンターカルチャーが花盛りで、精神療法の分野も大きく進歩した時代です。すでに当時から、ヴィパッサナー瞑想やマインドフルネスのムーブメントがはじまっていたそうです。
帰国後、日本におけるホリスティック医療の第一人者である帯津良一先生と知り合い、埼玉県川越市の帯津三敬病院で、がん治療のイメージ療法を取り入れたいと考えていた帯津先生の声がけで、主にがんの患者さんを対象にイメージ療法やリラクセーションを行っています。また、ご自身が主宰する「ヒューマンアウェアネス研究所」でも、さまざまな症状に悩む人をイメージの力を使ってサポートしています。
イメージングとは漠然と自分で思いを巡らすというものではなく、イメージの力によって実際に免疫力を高めることもでき、菅原さんのセッションを受けてイメージ療法に取り組んだ人のなかには、がんが縮小した人もいるといいます。アメリカのジャーナリスト、ノーマン・カズンズ氏の実験によれば、血液検査の前に10分間イメージングを行っただけで、免疫を司るナチュラルキラー細胞の数値が向上したそうです。私たちの体とこころの間には、思ったよりも深いつながりがあるようです。
かつて、菅原さんのCDブックを聞きながらリラクセーションとイメージングの誘導を行ったとき、思いがけず深いイメージが出てきて、それが忘れられない記憶になった経験があります。日頃の意識にはまったくないものが出てきたことが非常に印象的でした。
菅原さんのCDブック『こころとからだのストレッチ』(春秋社)には、ヨガのシャバアーサナ(しかばねのポーズ)や、筋肉に力を込め、反動で体を緩ませるといった誘導リラクセーション、呼吸法など合計5セッション収録されています。

そのうちの一つ、「賢者のイメージ法」は、誘導の声に従って深い森の中を分け入っていくというものです。森の奥にさらに入っていくと美しい水辺があり、そこで出会う「賢者」にアドバイスをもらうのです。実際にやってみると驚くほどクリアなイメージが湧き、そこで巡り会った賢者がほんとうにイメージ通りの白い髭のおじいさんだったのは驚きました。不思議なことに、その賢者の目を見た瞬間、心の奥に暖かいものが入ってきて、涙がこぼれ落ちました。
夢を見ているわけではなく、実際にイメージワークをしている最中も、ある種の意識はあり、一連のドラマを「不思議だな、おもしろいな」という気分で、映画を見るように眺めていました(イメージワーク中は変性意識状態にあり、無意識にアクセスしやすい状態になっているそうです)。ワークを終えて通常に戻った後も、強い印象が残っていました。
インドやチベットで、聖者や長く修行したお坊さんに会ったとき、まれに「深い愛が飛び込んできて涙がこぼれる」という経験があります。実はそれに匹敵する深い経験だったのです。わずか20分足らずの短い誘導瞑想だったにも関わらず。