エースFW大迫勇也が語る「先制PK」の舞台裏 いち早くボールを手に取った理由とは?

写真拡大

ニュージーランド戦後半5分、PKのチャンスでゴール 「点を取ることができて良かった」

 日本代表の1トップ、大迫勇也(ケルン)はエースFWとしての自覚を強くしているようだ――。

 日本代表は6日に行われたキリンチャレンジカップ、ニュージーランド戦で2-1と勝利した。後半5分の先制点は大迫のPKによるものだったが、蹴るのを「決めていた」と得点に対する貪欲な姿勢を見せた。

「勝つことができて良かったです。PKですけど、点を取ることができて良かったと思います」

 試合直後のフラッシュインタビューで、大迫はこのように切り出した。この日も日本の最前線を任された大迫は、相手マーカーを背負っても相変わらずの安定したポストワークを披露。この日左ウイング武藤嘉紀(マインツ)も「連係としては上手くいく部分もありました」と語るなど、前線の基準点として機能していた。

 ニュージーランド戦まで、代表戦では通算21試合に出場するも、ゴール数はわずか「6」。ゴール数は物足りない数字にとどまっていた。そんななかで格好の得点チャンスが訪れたのは後半5分だ。MF山口蛍(セレッソ大阪)のミドルシュートがペナルティーエリア内で相手のハンドを誘い、PKを獲得。この場面でいち早くボールを手にしたのが大迫だった。

「まだまだやるべきこと多い」と反省

 大迫は「(自分が蹴るのは)決まっていたし、自分の中でも決めていたので良かったです」と、冷静に相手GKの動きを見極めてゴール右隅へ成功。6月のロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選イラク戦以来のゴールとなった。

 それでもチームとしては攻撃が停滞する時間帯があったこともあり、大迫は「まだまだやるべきことは多いですし、これから個々の能力を上げるのが大事かなと思います」と反省を口にする。

 試合ごとに頼もしさを増す大迫。バヒド・ハリルホジッチ監督体制下で不可欠な選手として一層存在感を強めている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images