2018年ワールドカップ抽選会、知っておくべき3つのこと

写真拡大

佳境を迎える2018年ワールドカップに向けた予選。

日を追うごとに本戦出場を決めるチームが出てきているが、そうなってくると気になるのは本大会の組み合わせ抽選会だ。

日本代表にとってもどのグループに入るかは非常に大きな関心事であり、毎回様々なドラマが生まれる場だ。

そこで今回は、2018年ワールドカップの組み合わせ抽選会に関する知っておくべき3つのことをまとめてみよう。

1. 出場チームは?

2018年大会の出場枠は「32」。

日本時間6日(金)現在、本戦への出場を決めているのは10チームある。

1. ロシア(開催国)
2. ブラジル(南米)
3. イラン(アジア)
4. 日本(アジア)
5. メキシコ(北中米・カリブ海)
6. ベルギー(ヨーロッパ)
7. 韓国(アジア)
8. サウジアラビア(アジア)
9. ドイツ(ヨーロッパ)
10. イングランド(ヨーロッパ)

※出場を決めた順に表記

つまり、まだ22チームは決まっていないということになる。

ヨーロッパと南米、北中米・カリブ海の予選が終了する10月中に11チームが、またアフリカ予選や欧州プレーオフ、大陸間プレーオフが終了する11月には11チームが確定する(アフリカでは10月に出場が決定する可能性も)。

2. 抽選会はいつ?

本大会に向けた組み合わせ抽選会が行われるのは12月1日(金)。

ロシアのモスクワにある国立クレムリン宮殿が会場となる。なお、日本とモスクワの時差は6時間(日本が早い。サマータイム終了後も)。

英国『Sky Sports』によれば、FIFAのスポークスマンは「6000人もの観客が入ったこの名声ある娯楽の場は、伝統的なバレエやオペラ同様これまで数多くの国際的、あるいは地元の著名なアーティストを主役として迎えてきた」と話しており、ワールドカップの抽選会を行うに相応しい会場だと考えているようだ。

3. 抽選会の方式は?

出場32ヵ国を、4チーム×8グループにそれぞれ振り分けていく抽選会。

他のコンペティション同様、抽選会ではグループ間のバランスを保つため「ポット分け」が存在するが、今回からそのレギュレーションが変更になっている。

従来のポット分けは大陸の区別を意識したものであったが、今回はFIFAランキングをより重視したものになる。

ポット1にはFIFAランキングの上位7ヵ国+開催国であるロシアが入り、ポット2は同ランキングの8位から15位のチームが、ポット3は16位から23位のチームが、ポット4は24位から32位のチームがそれぞれ入る。

それでも、出場枠が「13」あるヨーロッパ以外では同じ連盟のチームが同一のグループに入ることはないよう制限されている。

なお、ポット分けに用いられるFIFAランキングは10月のランキングが使用される。