大迫はPKで先制点を奪取。6月15日のイラク戦以来の得点となった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本2-1ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 日本代表は10月6日、ニュージーランド代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。
 
 先制点を決めたのは大迫勇也だ。
 
 スコアレスで迎えた50分、山口蛍が右サイドから切り込みシュートを放つと、相手のハンドを誘いPKを得る。
 
 真っ先にペナルティスポットにボールを置いた大迫は、「(PKがあったら蹴ろうと)自分で決めていた」という。その覚悟は良い方向に転んだ。冷静にゴール右に沈め先制点を奪ってみせたのだ。
 
 その後ニュージーランドに1点を返されるも、倉田秋の決勝点で日本は勝ち越しに成功。2-1で勝利をものにした。
 
 代表通算7ゴール目を決めた大迫は試合後、「PKでしたけど、しっかり点を取ることができて良かったと思います」と振り返った。
 
 とはいえ、先制点の9分後には同点ゴールを許したのは反省材料で、手放しに勝利を喜べない様子。「まだまだやるべきことが多い」と話し、今後の課題に「ここからもっともっと個々の能力を上げることが大事」と警鐘を鳴らした。

【PHOTO】日本×ニュージーランド戦の美女サポーターたち❤