連携面に手応えもゴール奪えず…FW武藤「欲を言えば取りたかった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表はニュージーランド代表に2−1で勝利した。

 左サイドで先発出場し、攻守で存在感を見せた武藤は試合後、「日本代表のために戦えて良かったです。自分らしいプレーもできたけど、欲を言えば点を取りたかった」と語った。

 大迫勇也との好連携が目立ったが、「(連携は)非常に上手くいったと思いますが、それが得点には繋がらなかった」と反省点も口にした。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。