代表初ゴールが決勝点! 倉田「やっとチームに貢献できてよかった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦した。

 50分、FW大迫勇也のPKで先制した日本だったが、59分にバーンリー所属のFWクリス・ウッドに同点弾を決められた。しかし88分、途中出場したMF倉田秋が代表初ゴールを奪い、試合は2−1で終了している。

 試合終了後、決勝点を決めた倉田がコメントを残している。

「DF酒井宏樹がいいとこにいて、綺麗に折り返してくれた。あとは押し込むだけでしたね。今まではチームに貢献できなかったけど、目に見える形で力になれてよかった」。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。