日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:田中伸弥】

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017の試合が6日に行われ、日本代表はニュージーランド代表に2-1の勝利を収めた。

 チャンスを活かせず前半をスコアレスで折り返したハリルジャパンは、後半立ち上がりに獲得したPKを大迫勇也が決めて先制。59分には同点ゴールを許したが、交代出場の倉田秋が終盤に代表初ゴールを挙げ、これが決勝点となった。

「試合には勝ったが、簡単ではなかった」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、苦しい部分もあった試合だったことを認めている。「ニュージーランドは素晴らしい守備をしてくれた。ロングボールを使って空中戦を挑んできた」と相手の戦いぶりに賛辞を送った。

「1点目を取れたが、ゲームコントロールが少しうまくいかなった。そこで失点を許してしまった」と試合運びへの不満も口にしつつ、そこから再び主導権を奪い返したことには満足した様子。「素晴らしいコレクティブな動きで2点目を取ることができた」と倉田のゴールを喜んだ。

text by 編集部