英国ロンドンの中心街にある、席数わずか9席の寿司店が、ミシュランの三ツ星を獲得した。

日本の寿司職人の店

お洒落な店が建ち並ぶロンドン・メイフェア地区、リージェント・ストリートにある小さな寿司店「The Araki」。日本の寿司職人、荒木水都弘(あらき みつひろ)さんが2014年に始めた店だ。

店内にはカウンター席が9席のみ。シェフは荒木さんを含めて3人。ホールスタッフが4人。メニューは特になく、お任せコースのみでお一人様300ポンド(約45,000円)!

この店が、10月2日、ミシュランガイドの三ツ星店として認定された。

A post shared by Litti Kewkacha (@litsfree) on

英国で新たな挑戦

荒木さんは銀座の名店「きよ田」で修行し、独立後に東京で開店した店「あら輝」が、2011年と2012年に、すでにミシュランガイドの三ツ星を獲得している。

三ツ星はミシュランの最高評価だ。しかし、それにもかかわらず彼は「あら輝」を2014年に閉店。海外での腕試しを決意した。

こうして同年10月にオープンしたのが、ロンドンの店「The Araki」だ。

「The Araki」は昨年にミシュランの二ツ星を獲得している。今回はそれを上回る最高評価となった。

ミシュランガイドのインターナショナル・ディレクターであるMichael Ellis氏は、海外メディアにこう語っている。

「カウンター席9席のThe Arakiは、ますます良くなっている。ロンドンに来た彼は、ヨーロッパ産の魚で鮨を作ることに挑戦した。その結果は、ただただ素晴らしい」

(鮨マスター「The Araki」が、その素晴らしい味で、ミシュランガイドから三ツ星を受けた。英国の日本食レストランでは初めてのことだ。このこじんまりした9席の店は、リージェント・ストリートにある。あなたのウィッシュリストの1番に加えてもらいたい)