強化試合初戦を勝利した日本…指揮官は「完全に支配できなかった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦した。

 50分、FW大迫勇也のPKで先制した日本だったが、59分にバーンリー所属のFWクリス・ウッドに同点弾を決められた。しかし88分、途中出場したMF倉田秋が代表初ゴールを奪い、試合は2−1で終了している。

 指揮官であるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が試合を振り返ってコメントを残した。

「ニュージーランドの守備は素晴らしかった。ロングボールが多く、空中戦を挑んできた。1点目を取ったが、試合を完全に支配することができなかったね。だから失点してしまったんだ。だけど、そのあとはうまくコントロールできた。素晴らしい動きで2点目を取ることができてよかったよ」。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。