6日、韓国メディアによると、韓国人女性職員に日常的にセクハラ行為を繰り返していた日本人上司らに対し、韓国の裁判所が日本本社とともに損害賠償金および慰謝料として2700万ウォンを支払うよう命じる判決を言い渡した。資料写真。

写真拡大

2017年10月6日、韓国日報によると、韓国人女性職員に日常的にセクハラ行為を繰り返していた日本人上司らに対し、韓国の裁判所が日本本社とともに損害賠償金および慰謝料として2700万ウォン(約260万円)を支払うよう命じる判決を言い渡した。

法曹界によると、ソウル中央地裁はこのほど、日系銀行韓国支店に勤務する韓国人女性Aさんが日本人上司2人を相手取り、3億3000万ウォン(約3200万円)の損害賠償金および慰謝料の支払いを求めて起こした訴訟で、上記の判決を言い渡した。

Aさんは入社直後から数年間、同じチームの日本人上司らに性的な話をされる、飲み会で抱きつかれるなど、日常的にセクハラを受けていたという。我慢の限界を迎えたAさんは日本人上司らと銀行の韓国支店、日本本社を相手に訴訟を起こした。特に、日本本社に対しては「韓国支店にセクハラ行為や性差別的文化がまん延しているにもかかわらず、これを予防・防止する義務を果たさず男女雇用平等法に違反した」と強く批判した。

裁判所はAさんの主張を幅広く受け入れた。日本本社の責任も認め、「業務中に不適切な発言を繰り返す、プロジェクトのために残業した職員らのやる気を向上させる目的の飲み会でわいせつ行為をするなど、日本人上司らの行為は銀行業務と密接に関連しているため、銀行が使用者責任を負わなければならない」と説明した。また、セクハラ行為が繰り返されていた点を挙げ、「銀行が監督業務を怠った」と指摘した。

この判決に対し、韓国のネットユーザーからは「甘過ぎる。だから外国で韓国人が軽く見られる」「2700万ウォン支払ってこれからもセクハラを続けろということ?」「裁判官は親日派?」「韓国の判決はどうしてこうなのか。米国ならその100倍の支払いを命じるだろう」など不満の声が相次いでいる。

また「韓国の政治家と裁判官はどうして日本人に優しいの?情けない」「日本人に対して寛大すぎる。自ら国の品格を下げているようなもの」と指摘する声も。

その他「日本人上司からの復讐(ふくしゅう)が怖い」「どんなにお金をもらっても女性の心の傷は一生消えないだろう」などと懸念する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)