出張採寸も可能、オンワード子会社がオーダメイドスーツブランド立ち上げ

写真拡大

 オンワードホールディングスの子会社オンワードパーソナルスタイルが、オーダーメイドスーツの新ブランド「カシヤマ ザ・スマートテーラー(KASHIYAMA the Smart Tailor)」を立ち上げた。店舗での採寸に加え、フィッターを自宅やオフィスにデリバリーする「出張採寸」サービスを実施。10月5日からWEBサイトで展開しており、10月7日に全国に13店舗オープンする。
 カシヤマ ザ・スマートテーラーは、「セビロアンドコー(Sebiro&co.,)」のブランド名を変更して展開しているオンワードパーソナルスタイルの新事業。出張採寸などでボディデータを作成すれば、デザインと素材の選択やサイズの微調整がサイト上で行えるため、2着目以降はECサイトでも購入できる。デザインは、フロントデザイン8種類やプリーツデザイン3種類などから選ぶことができ、中心価格は5万円。納品は乾燥状態を保ち、品質や風合いを保護する圧縮パック梱包「パックランナー」を採用している。