【インタビュー】シェラザード、憂いを帯びた世界観や緻密に構築された最新アルバム『once more』を平山照継が語る

写真拡大

1980年に彗星のごとく登場し、ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロック・シーンに多大な影響を与えたノヴェラの母体になった伝説的なバンドとして知られるシェラザード。1994年に、五十嵐久勝(vo)、平山照継(g)、大久保寿太郎(b)、永川敏郎(key)、堀江睦男(dr)というメンバーで復活を遂げた彼らの最新アルバム『once more』が、9月27日にリリースされる。シェラザード結成40周年を飾る作品という側面も持った『once more』は、彼らならではの憂いを帯びた世界観や緻密に構築されたアレンジ、ハイレベルなプレイなどを満喫できると同時に、新たな顔も味わえる必聴の一作となっている。シェラザードの中枢を担う平山照継をキャッチして、ノヴェラ時代の話なども交えつつ『once more』についてじっくりと話を聞いた。

●シェラザード
五十嵐久勝 Hisakatsu Igarashi (Vocal)
平山照継 Terutsugu Hirayama (Guitar)
大久保寿太郎 Jutaro Ohkubo (Bass)
永川敏郎 Toshio Egawa (Keyboards)
堀江睦男 Nobuo Horie (Drums)

■ノヴェラでもなく僕らが20歳の頃に戻れるようなものを作りたい
■しかも一辺倒ではなくていろんな曲が入っているアルバムを作りたい

――『once more』の制作に入る前は、どんなことを考えていましたか?

平山照継(以下、平山):再始動してからのシェラザードはこれまで3枚アルバムを出してはいますけど、2。3枚目は昔の曲を焼き直したようなアルバムだったので、僕の中には新曲で固めたアルバムを出したいという想いがあったんです。シェラザードらしい作品を作りたい。ノヴェラでもなく、僕らが20歳の頃に戻れるようなものを作りたい。しかも、一辺倒ではなくて、いろんな曲が入っているアルバムを作りたいと。5年ほど前からそう思っていて、今回それをようやく形にできました。

――狙い通り、シェラザードのいろいろな顔を味わえるアルバムになりましたね。曲を作っていく中で、アルバムの指針になった曲などはありましたか?

平山:そういうものは、特になかったです。実は『once more』は、曲を作った順番通りに並んでいるんですよ(笑)。意識したわけではなくて、結果的にそうなった。今回は2曲ずつ作ってメンバーにデモを渡すようにしたんですけど、1曲作ったら違うタイプの曲を作って、次のタームではまた違うタイプの曲を作って、その次はまた戻ろうかな…という感じで進めていったんですね。それが8曲溜まった時に、偶然にも“あれ? このままアルバムの並びで良いじゃん”と思ったんです(笑)。

――たしかに『once more』は、曲順も絶妙です。『once more』に収録されている楽曲はシェラザードらしい凝った展開やアレンジが活かされていますが、その辺りも平山さんがデモの段階で作り込まれたのでしょうか?

平山:作り込みましたね。オケを作って、歌詞がついた状態でヴォーカルを入れて、キーボード・ソロまで弾いて…というデモを作りました。ただ、それは渡すだけです。楽曲の構成は変えないけど、それぞれのプレイは、これを元にして考えてくださいと。僕は、好きなように変えてもらって構わないんです。その結果そっちが正しいこともあるし、よく分からないこともあるけど(笑)。

――なるほど(笑)。とはいえ、自分がイメージしていたものと極端に違ってしまった場合は……。

平山:そういう時は、こうして欲しいと言います。でも、それ以外は基本的にお任せですね。それに、みんな僕がやりたいことを分かってくれているので、大体思った通りになります。

――そういえば、ノヴェラ時代の平山さんは、すべてのパートのフレーズを口頭でメンバーに伝えていたという話を聞いたことがあります。