奇怪現象とはテレビや本の中で見聞きするだけで、実際に体験することはあまりないですよね。しかし唯一、多くの人が体験するものに金縛りがあげられるかもしれません。何者かに押さえつけられたように身体が動かせなくなり、金縛りとは体験した人にしか分からない恐怖感があります。世にも不思議な金縛りの正体とは?どうして金縛りが起こるのでしょうか。

実は奇怪現象ではなかった金縛り

すでに多くの人が金縛りの体験をしているのではないでしょうか。金縛りは青年期に起こりやすい現象で、日本人の4割ほどが経験していると言われます。奇妙な現象である金縛りですが、実は医学的に解明されており、専門用語で「睡眠麻痺」と言います。金縛りは睡眠時に軽い混乱が生じることで起こります。睡眠中は脳も身体も休息しますが、身体が睡眠し力が完全に抜けた状態なのに、脳だけ目覚めてしまうことがあります。これが金縛りであり、意識があるのに身体は動かせない状態に陥ってしまいます。

金縛りが起こるメカニズム

睡眠中は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)が交互に現れます。眠って最初に現れるのは深い眠り。その後は約90分ごとに浅い眠りと深い眠りが交代していきます。金縛りはこの睡眠サイクルの乱れが原因で起こるとされています。眠ると深い眠りから開始されるはずが、いきなり浅い眠りから始まってしまうことがあります。すると脳が眠らず覚醒してしまうことがあり、逆に身体は完全に弛緩した状態にあると、脳が身体を動かせないことを意識してしまうのです。

ストレスから金縛りが起こりやすくなる

金縛りは ストレスや生活リズムの乱れがあると、起こりやすくなります。特に明け方に覚醒した時に現れやすく、一度目覚めたものの、意識がもうろうとしたまま再び眠ってしまうと、この時に睡眠サイクルが狂い浅い眠りから始まることがあるそうです。すると身体が寝たままで脳は目覚めると言う、不思議な金縛り状態に陥りやすくなるのです。
金縛りが起こるときは自律神経が乱れていることが多いため、呼吸がしにくくなったり心拍の乱れを感じたりすることもあるようです。しかし金縛りそのものは数分ほどで消えるので、心配する必要はありません。ただ金縛りはあまり心地よいものではなく、度々起こると厄介です。金縛りが気になる場合は、生活リズムを整え、疲労やストレスを取り除くようにしてみましょう。(さらばストレス!無理なく生活リズムを整える簡単な習慣)
正常な睡眠サイクルが保てるようになれば、自然と金縛りが起こりにくくなるでしょう。


writer:Akina