『見殺し姫』公開リハーサルをおこなった乃木坂46の3期生

 乃木坂46の3期生が6日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで舞台『見殺し姫』の初日舞台挨拶と公開リハーサルをおこなった。舞台挨拶では報道陣の囲み取材にも応じ、大園桃子(18)は「喋るのは慣れてません。歌うのは慣れました」とまだ1年に満たない芸能生活について本音を明かした。公開リハーサルでもメンバー12人がそれぞれの持ち味を活かした演技を見せ、努力の成果を見せた。

 この舞台は3期生にとって初挑戦となる本格演劇で、完全オリジナル作品となっている。3期生が演じるのは平安時代、都のはずれにある塀に囲まれた屋敷に暮らす12人の姫たち。この姫たちが大人たちに翻弄されながらも、不遇な運命を生きていく物語が展開される。公演は6日から15日まで(8日、9日は休演)、全11回が予定されている。

 舞台挨拶に出席したのは、伊藤理々杏(14)、岩本蓮加(13)、梅澤美波(18)、久保史緒里(16)、阪口珠美(15)、佐藤楓(19)、中村麗乃(16)、向井葉月(18)、吉田綾乃クリスティー(22)、山下美月(18)、与田祐希(17)、大園の12人。

 メンバーはそれぞれの役柄について紹介しながら意気込みを述べ、報道陣の囲み取材にも応じた。

 自分が今お姫様だったら何をしたいか、という質問には、梅澤が「お金持ちだと思うので、服屋さんで『端なら端までください』と買い物したりとか、メンバーでパーティとか楽しい生活を送りたいです」とコメント。

 伊藤は「沢山のおいしいスイーツをお腹一杯食べたい」とし、与田は「最近貯金を始めたのですが、貯金を止めたいです」と述べた。また、中村は「雲になりたいです」と独特の感性を見せた。

乃木坂46大園桃子

 着物を着ての演技については、梅澤が「重さも全然違うし、座ったり立ったりするのも多い。稽古でも長いスカートをはいて練習したりしました。でも色鮮やかで、『着れて嬉しいね』と皆で話していました」と語った。伊藤は「丈とかも違ったり、役に合った衣装になっていて嬉しい。昔の人はこんな格好で動いてて凄いなと感心します」とし、向井は「舞台に花があるなと思いました」と話した。

 3期生だけでの舞台という事に関して、久保は「今まで先輩方が色々な舞台をやられている時に、一緒に演じる方とコミュニケーションを取る姿が勉強になりました。3期生の中でもそうですけどコミュニケーションの取り方をこの舞台期間でもっと学びたいと思います」と意欲。

 今年2月におこなわれた『乃木坂46 3期生初公演「3人のプリンシパル」』から半年あまり。芸能界は慣れたかどうかについて問われると、大園が「喋るのは慣れてません。歌うのは慣れました」と少し緊張した様子で答えた。佐藤は「初期の頃よりも、振付を覚えるのが皆早くなったと感じます」としみじみ話した。

 また、向井は「体型維持を気にするようになりました。今は夏休み中の全国ツアーの時より美しくなれたと思います」とアピールしていた。【取材・撮影=小池直也】

公開リハーサルの様子 公開リハーサルの様子 公開リハーサルの様子