U-17日本代表に追加招集されたFW棚橋尭士(横浜FMユース)

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は6日、インドで開幕するU-17W杯に出場するU-17日本代表のメンバーに変更があったと発表した。FW斉藤光毅(横浜FCユース)が怪我のため外れ、代わってFW棚橋尭士(横浜FMユース)を追加招集した。背番号は斉藤が付けるはずだった17番を引き継ぐ。

 斉藤は森山佳郎監督もメンバー発表会見で「彼だけがまだケガを抱えているダメだったら差し替えも考える」と懸念していた選手。「ケガがあっても連れていきたい」という指揮官の強い思いでメンバー入りしていたが、本戦開幕を前に無念の離脱となった。

 棚橋はこの世代ではU-15日本代表から選ばれていた選手で、8月にU-17日本代表が行ったチェコ遠征でもメンバー入りしていた。

 U-17W杯に出場するU-17日本代表は、8日のホンジュラス戦で初戦を迎え、11日にフランス、14日にニューカレドニアと対戦する。


●U-17W杯インド2017特集ページ